基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: Tomomi Fukaya



インドネシア時間3日。
ジャワ島のG-Landで開催中の『Quiksilver pro G-Land』は、メンズのみ一気に進行。

イリミネーションラウンド、そしてR16まで行われ。
いよいよメンズも、ファイナルズデーへと進出する8名にしぼられます。

波のサイズは4-6ft(WSLオフィシャル、リザルトページより)
ハワイアンサイズではないけれど、ややサイズアップです!

ピーク付近は頭前後あり、とにかく長い掘れ系速いレフト。


サイズがあると、この地でやることがなくなってしまう・・・
という心配がつきまとうサーファーにとっては、まさに理想的なサイズといえるでしょう。

CTツアーだと小波になってしまいますが、何しろリッパボー。
DAY3は高いエアーも多く見られ、バレルはほぼ影を潜めていました。

全部で16ヒートを一気に進めた割に、遅いスタートになったこの日。

2ヒート同時進行のスタイルだったので、イリミネーションにも出て勝った者は。
次のヒートまでの待機時間が、通常よりも短め。

特にイリミの最終ヒートで勝利し。
R16H2にクレジットされた、コロヘ・アンディーノ(USA)は。

沖でジャージィを着替え、そのまま次のヒートが始まるという珍しい光景に。
着替えた時点でH1は既にヒート中なので、まさに休む間もなくといった状況。

そしてサックサクの止まらない演技を示した、ガブリエル・メディーナ(BRA)にやられてしまうのでした。
このヒートが、最初の出番となったギャビーは。



がんがん波に乗り、しかもかなりのインサイドまで乗り継いでた。

一方コロヘはじっくりと波を待つ戦法で、バックアップを揃えたまででした。

TEAM日の丸、五十嵐カノア(JPN)は一日を通して絶好調!



一桁数字で勝つ選手もいた中、ゆるぎないカノアムーブで安心感たっぷり。

イリミでケリー・スレーター(USA)をやっつけ調子が上がってきていたサミエル・プーポ(BRA)を退け。
次のクォーターでは、ジャック・ロビンソン(AUS)とのカードが確定です。

また片腕日の丸ジャージィ、コナー・オレアリー(AUS)もQF進出が決定!
この勝負FANTASYでは、86%の剛田イタロ・フェレイラ(BRA)に勝ったのですから、その配当は高かったはず。



カノアとコナーはこの後勝ちあがっていっても、最後まで当たらない。
なので彼らの決勝戦を、G-Landで見られる可能性があることもお伝えしておきます。

ジョン・ジョン・フローレンス(HAW)は?
普通に勝利・・・の直前、ジャドソン・アンドレ(BRA)が凄く良いセットをつかみ逆転!



スピードといえばジャドソンというくらい、こういう波得意そう。

負けた、膝を痛めているジョン。
膝にサポーターを装着するところをずっとカメラが追っていたところ、ヒューマノイドか!?
そんなツッコミを入れたくなる、近未来的サポーター。

膝用サポーターが更に進化すると、装着した方がパワーが出たりして。



腰用サポータは、もはやその人の限界を超える重さを楽々と持ち上げられるレベルのものがあるといいますからね。

話は変わり。
先日ワイルドカードの和井田理央(IND)にやられ、イリミに回ったフィリペ・トレド(BRA)

R16で、再び和井田選手とフィリペが対決!
結果から言うと、フェリペが次のラウンドへ。

リオがジャージィをつけるところからずっと追っていたカメラを見ていると。
非常に強張った表情で、かなり集中しているように見えました。



カメラを一切見ないし、全くもってニコリともしない。

それは実は緊張だったのかも。
リオは特に良いところを見せられないまま、終了。

インドネシアの期待を一気に背負ったプレッシャー、相当なものだったでしょう。
現場には、政府系の人も集まっていた可能性がなきにしもあらずなので。



さて黄色ジャージィのフィリペ。

ブラジル目線だとギャビーとのファイナルという可能性も見えてきました。
まっジャパニーズとしてはやはり、カノアとこコナーですけど!



ではサンクレメンテ目線だと。
G-Landと波長が合っている、グリフィン・コーラピント(USA)にBET。

但し、同じSC在住のフィリペとQFで対戦することも付け加えておきましょう。
他にはマテュー・マッギリブレイ(ZAF)がファイナルズデー行きを決めていて。
組み合わせは以下の通り。



波予報では4日土曜までこのウネリが続き、日曜日以降はサイズダウンの見込み。
というわけで、このまま土曜日最終日になることはほぼ確定でしょう。

グラジカンでは一体何が起こるのか?
経過は追ってご報告させていただきます☆

Results
Quiksilver Pro G-Land Elimination Round 2 Results:
HEAT 1: Filipe Toledo (BRA) 13.40 DEF. Yago Dora (BRA) 10.63
HEAT 2: Matthew McGillivray (ZAF) 11.84 DEF. Caio Ibelli (BRA) 8.10
HEAT 3: Kanoa Igarashi (JPN) 13.67 DEF. Jackson Baker (AUS) 9.83
HEAT 4: Connor O’Leary (AUS) 12.00 DEF. Jordy Smith (ZAF) 11.30
HEAT 5: Jadson Andre (BRA) 12.27 DEF. Barron Mamiya (HAW) 11.03
HEAT 6: Samuel Pupo (BRA) 8.90 DEF. Kelly Slater (USA) 8.34
HEAT 7: Jake Marshall (USA) 11.50 DEF. Callum Robson (AUS) 9.37
HEAT 8: Kolohe Andino (USA) 12.10 DEF. Nat Young (USA) 10.73

Quiksilver Pro G-Land Round of 16 Results:
HEAT 1: Jadson Andre (BRA) 9.53 DEF. John John Florence (HAW) 9.37
HEAT 2: Gabriel Medina (BRA) 14.67 DEF. Kolohe Andino (USA) 10.67
HEAT 3: Jack Robinson (AUS) 11.17 DEF. Jake Marshall (USA) 2.23
HEAT 4: Kanoa Igarashi (JPN) 12.67 DEF. Samuel Pupo (BRA) 8.17
HEAT 5: Filipe Toledo (BRA) 11.23 DEF. Rio Waida (IDN) 8.57
HEAT 6: Griffin Colapinto (USA) 14.17 DEF. Miguel Pupo (BRA) 13.67
HEAT 7: Matthew McGillivray (ZAF) 14.50 DEF. Ethan Ewing (AUS) 8.87
HEAT 8: Connor O’Leary (AUS) 9.93 DEF. Italo Ferreira (BRA) 7.90



Quiksilver Pro G-Land Quarterfinal Matchups:
HEAT 1: Jadson Andre (BRA) vs. Gabriel Medina (BRA)
HEAT 2: Jack Robinson (AUS) vs. Kanoa Igarashi (JPN)
HEAT 3: Filipe Toledo (BRA) vs. Griffin Colapinto (USA)
HEAT 4: Matthew McGillivray (ZAF) vs. Connor O’Leary (AUS)

ROXY Pro G-Land Quarterfinal Matchups:
HEAT 1: Carissa Moore (HAW) vs. Sally Fitzgibbons (AUS)
HEAT 2: Lakey Peterson (USA) vs. Tatiana Weston-Webb (BRA)
HEAT 3: Brisa Hennessy (CRI) vs. Bronte Macaulay (AUS)
HEAT 4: Johanne Defay (FRA) vs. Stephanie Gilmore (AUS)








| サーフニュース | 03:20 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.218795秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo