基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【南岸低気圧で波が立ちやすいのが「いつものこと」になった】


「平年と比べて…」台風が多いとか少ないとか、温度が高いとか低いとか、天気予報ではよく言われる。


平年(いつもの年)とは何なのか?

気象庁は「30年に1回程度の現象を人間が一生に一回出合うか出合わないかの出来事」と考えている。

平均寿命がのびた今、30年でいいかは疑問だが30年平均が「平年値」として扱われる。


欧米諸国や日本は西暦末尾が「1」の年に、その直前の30年間に再計算される。



2021年が再計算の年でその直前だから1991年から2020年までの「2020年統計」が使われる。

もろもろ準備に時間がかかり、5月19日が運用初日。

「平均気温の新平年値は全国的に0.1~0.5℃程度高くなった。
降水量は夏の西日本や秋と冬の太平洋側で多くの地点で10%程高くなった。」

これはこの30年で梅雨の停滞が西日本で顕著になった事と、太平洋側での雨とは南岸低気圧で秋冬のサーフチャンスが10%増の意味。

全ては全国的な気温増が影響している。


ローカル大先輩の「昔はさぁ…」となるのは「年統計」の違いによる所が大きいのだ。




TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 2.844155秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo