基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者



神奈川新聞が配信するインターネットニュースサイト「カナロコ」によると、

新型コロナウイルス感染症による宿泊者数の激減で昨年11月に閉館となった「いこいの村あしがら」(神奈川県大井町)を巡り、民間事業者が新たに人工サーフィン場を目玉とした遊興施設を整備する計画であることが20日までに関係者の話で分かった。

計画段階を含め全国3例目の人工サーフィン場となり、大磯丘陵に位置する海のない町の新たな観光拠点として、小田真一町長は「話題性もあり地域活性化にかなりのインパクトや夢もある」と期待している。

とのこと。

いこいの村の経営の移管を受け、新たに参入するのは現在のところ全国唯一オープンしている人工サーフィン場「神戸REYES(レイーズ)」を運営する「レスポンスエンジニア」(神戸市)。

同社の計画によると、約5,4ヘクタールのいこいの村にオートキャンプ場やバーベキュー場などを新たに整備。

2023年4月の宿泊事業再開に先駆け、人工サーフィン場は今年7月のオープンを目指している。


サーフィン場は本館南側のテニスコートや野外ステージのエリアに造波装置を備えた約8500平方メートルのプールを整備する。



同じ”大井町”でも東京の品川にあるスポル品川大井町のCITYWAVEは前方から水を出し、水底にフラップを立てて波を起こすシステムなので、本来のサーフィンで起きる波とは若干異なるが、神戸レイーズの造波装置は、波がボードを押す感覚はサーフィンと全く同じです。

大井町なら都心からでも東名高速を使えば1時間程でアクセス可能な場所。

サーフィン以外にもキャンプやBBQなども楽しめるようなので、オープンのあかつきには是非チェックしてみたいスポットになりそうです。




神戸レイーズ 公式サイト
http://www.kobe-reyes.com/


Instagram
https://www.instagram.com/kobe_reyes1/



| サーフニュース | 05:16 PM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.887369秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo