基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: Tomomi Fukaya



17日からスタートした、WSL・CT第3戦『Rip Curl Narrabeen classic presented by corona』
オーストラリア時間18日も、セットで頭オーバーはあるサイズを残しDAY2がON。

会場となっているNSW州ナラビーンのノーザンビーチでは、風もばっちりなクリーンコンディション。
男女ともイリミネーションラウンドをこなし。



メンズは更にR32も続けてゆき、H12までを進行。
あと4つの枠を残し、ほぼR16のメンバーが出揃ってきました。

中でもダントツでよい数字を出したのは、ジョアンヌ・ディフェイ
(FRA)
全体的にトータル10ptsに満たなくても勝ち上がる選手がいたなか、彼女は8.33ptsを2本揃えたのです。



バッチバチのバックハンド。しかもビキニ!!
秋を迎え、中にはダウンを着用して体を冷やさないようにしている選手もいた中でです。

正直、ガールズヒートのときは潮回りもよかった。
テイクオフ時の水中ショットは、インドネシアのリーフブレイクにさえ見えるほど。

逆にハイタイドに重なってしまうと、かなり厄介なバックウォッシュとも奮闘しなければならない。
とはいえ、かなりコンテスタボーな一日だったといえるでしょう。



男子の場合R2に出るハメになった選手は、一日に2回のヒートをこなすことに。
中でも注目だったのは、ワイルドカード出場のミック・ファニング(AUS)

R2は日の丸隊のコナー・オレアリー(AUS)を負かし、ジェレミー・フローレス(FRA)に次いでR32へ。
そこで当たったのが、なんと黄色ジャージィのイタロ・フェレイラ(BRA)

<svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg>
この投稿をInstagramで見る

World Surf League(@wsl)がシェアした投稿



最速と言われる、レギュラーとグーフィーフッター。
この勝負・・・得意のエアリバで、剛田イタロが勝利しました。



またガブリエル・メディーナ(BRA)、フィリペ・トレド(BRA)らも勝ち上がっていて。
ブラジール3強、ここでもいい感じにラウンドアップ中。

ルーキーでナラビーンにていい仕事をしたのは、モーガン・シビリック(AUS)
ここノースナラでも、R16のヒートに名を連ね。
ジョンジョン・フローレンス(HAW)との勝負が確定。

DAY2最後のヒートで出番となったのは、五十嵐カノア(JPN)
僅差でディヴィッド・シルヴァ(BRA)をやっつけ、次はWAの大波君ジャック・ロビンソン(AUS)と対決です。

この日、印象的だったのはミゲル・プーポ(BRA)
ジョンジョンに負けた際、沖に居たまま自分のボードをずっと殴ってた。

料理が出てくるのが遅かったときも、間違った注文がきてしまったときも怒らなかった彼が。
あんなに感情的になっている様子は、衝撃的。



その壮大な悔しさがあるうちは、大丈夫でしょう。
負けの悔しさが薄れたとき、それがポンコツながら選手を辞めたときだったなぁと思い出します。
あっ、CT選手相手に大それた発言。失礼しましたw

波は数日の間、似たようなサイズで風もオフショアの見込み。
19日も忙しくなりそう!とのことです。

ナラビーンでは一体何が起こるのか?
都筑 有夢路(JPN)、五十嵐カノア(JPN)はいかに。
経過は追ってご報告します☆Tomo

Rip Curl Narrabeen Classic Men’s Elimination Round 2 Results:
HEAT 1: Jeremy Flores (FRA) 10.84 DEF. Mick Fanning (AUS) 10.27, Connor O’Leary (AUS) 4.60
HEAT 2: Jack Freestone (AUS) 12.24 DEF. Dylan Moffat (AUS) 11.90, Leonardo Fioravanti (ITA) 9.57
HEAT 3: Caio Ibelli (BRA) 9.97 DEF. Mikey Wright (AUS) 9.94, Matthew McGillivray (ZAF) 7.70
HEAT 4: Alex Ribeiro (BRA) 10.66 DEF. Conner Coffin (USA) 8.60, Adrian Buchan (AUS) 5.20

Rip Curl Narrabeen Classic Men’s Round of 32 (H1-12) Results:
HEAT 1: Filipe Toledo (BRA) 9.63 DEF. Mikey Wright (AUS) 4.33
HEAT 2: Frederico Morais (PRT) 9.83 DEF. Michel Bourez (FRA) 6.94
HEAT 3: Ethan Ewing (AUS) 13.10 DEF. Owen Wright (AUS) 11.83
HEAT 4: Jadson Andre (BRA) 11.66 DEF. Jack Freestone (AUS) 10.07
HEAT 5: Gabriel Medina (BRA) 11.17 DEF. Dylan Moffat (AUS) 8.57
HEAT 6: Caio Ibelli (BRA) 11.17 DEF. Seth Moniz (HAW) 9.60
HEAT 7: John John Florence (HAW) 11.10 DEF. Miguel Pupo (BRA) 9.56
HEAT 8: Morgan Cibilic (AUS) 10.67 DEF. Julian Wilson (AUS) 7.43
HEAT 9: Italo Ferreira (BRA) 13.00 DEF. Mick Fanning (AUS) 9.33
HEAT 10: Conner Coffin (USA) 9.60 DEF. Wade Carmichael (AUS) 9.43

Rip Curl Narrabeen Classic Men’s Remaining Round of 32 (H13-16) Matchups:
HEAT 13: Jordy Smith (ZAF) vs. Alex Ribeiro (BRA)
HEAT 14: Yago Dora (BRA) vs. Peterson Crisanto (BRA)
HEAT 15: Griffin Colapinto (USA) vs. Adriano de Souza (BRA)
HEAT 16: Ryan Callinan (AUS) vs. Reef Heazlewood (AUS)

Rip Curl Narrabeen Classic Women’s Elimination Round 2 Results:
HEAT 1: Tyler Wright (AUS) 9.10 DEF. Tatiana Weston-Webb (BRA) 8.96, Laura Enever (AUS) 8.94
HEAT 2: Johanne Defay (FRA) 16.66 DEF. Brisa Hennessy (CRI) 10.64, Isabella Nichols (AUS) 8.70

Rip Curl Narrabeen Classic Women’s Round of 16 Matchups:
HEAT 1: Carissa Moore (HAW) vs. Brisa Hennessy (CRI)  
HEAT 2: Malia Manuel (HAW) vs. Keely Andrew (AUS) 
HEAT 3: Sally Fitzgibbons (AUS) vs. Macy Callaghan (AUS)
HEAT 4: Tatiana Weston-Webb (BRA) vs. Nikki Van Dijk (AUS) 
HEAT 5: Caroline Marks (USA) vs. Amuro Tsuzuki (JPN) 
HEAT 6: Johanne Defay (FRA) vs. Tyler Wright (AUS)  
HEAT 7: Stephanie Gilmore (AUS) vs. Sage Erickson (USA)  
HEAT 8: Courtney Conlogue (USA) vs. Bronte Macaulay (AUS)





| サーフニュース | 02:11 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.304414秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo