基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者



MICK FANNINGが考案しテストライドを重ね、そのフィードバックによってリリースされたソフトボード、”SOFT TOP” サーフボード。


コロナ禍によりサーフギアなどもオンライン購入が主流になるなか、5月末にMFsoftboardsのポップアップともいうべき公式オフィシャルステーションがオープンする。



場所は湘南にある“VINTAGE”をテーマにしたサーフ・ストア 「STANDARD STORE」。

店舗面積350㎡の空間には、海外のエクスクルーシブサーフボードブランドをはじめ、ロングボード・ミッドレングスを中心に上質で厳選されたUSED SURFBOARDS、Vintage Surfboardsを400本以上をストックしている。


5月末のMFsoftboardsオフィシャルステーションのオープンには、ニューモデルなど手に取ってボードを確認することが出来るので、今年にソフトボード購入を検討しているサーファーは是非チェックしてみよう!


STANDARD STORE





サーフィン大国オーストラリア・ゴールドコースト出身、3×世界チャンピオンに輝いた経歴を持つプロサーファー、MICK FANNING(ミック・ファニング)の考案・テストにより生まれた、新たなアイデアによって作られたSOFTBOARD ブランド。

トッププロがソフトボードに乗らない理由としても上げられる、従来のソフトボードが持つパフォーマンス性能の低さに着目した彼は、最先端のパフォーマンスボードの生産技術と素材をうまくブレンドする事で、解消できるのではないかと考えました。

一般的なソフト(スポンジ)ボードとの決定的な違いは、AKU SHAPERでEPSフォームを削りカーボンを入れて、エポキシレジンでラミネート、サンディングをした上で、バキューム/シュリンクテクノロジーを駆使してデッキ面をソフト加工してある点。
表面はソフト素材だが、中身はEPSボードという、画期的で新しい構造を持つSURFBOARDが誕生しました。またの名を、”SOFT TOP” サーフボード。

乗り味は従来のソフトボードとは違い、格段に通常のサーフボードに近い性能を持っています。

上級者はもちろんビギナーサーファーも、より通常のサーフボードに近いフィーリングでトレーニングする事が出来ます。フィンは従来の貫通式のソフトボードフィンシステムと違いFCS2の装着により、更なるパフォーマンス性の向上が可能となりました。


MFsoftboards









PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.069409秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo