基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【夏よりも案外冬のが波がいいとおもわないか?】


日本の天気予報の的中率を押し上げているのは西高東低の冬型気圧配置で、「太平洋側晴れ、日本海側雨、気温が低ければ雪」と言っておけば外れない。

そもそも冬型は北風なので日本海側は風波サイズアップが期待、太平洋側はオフショア面ツル。

西高東低の低はカムチャツカ辺りの「低気圧の墓場」で停滞し発達期を迎える低気圧の事で、ハワイノースの大波の元。

当然日本にも北東ウネリをコンスタントに届けるので、気づけば冬は東ウネリが反応している。

夏の気まぐれな台風の大波と違い、手ごろなサイズが長続きというのが良い。



太平洋側は良く晴れる冬型の時、日中の一番暖かな時には地面が温められて熱的低気圧が内陸に出来るため、そこに向かって海から風が吹こうとする。

太平洋側は冬型の北風と海から吹こうとする南風がバランスして無風状態になる。

こうなるといよいよ東ウネリが回り込んだ南向きのポイントも反応し始めるから素敵だ。


冬は海も空いている。

「なんで波があるんだろう」を太平洋側で体感するなら気温が上がる時間帯だ。





TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.077183秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo