基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 波通スタッフ

7月16日(月)午前10時13分頃、新潟県上中越沖(北緯37.5°東経138.6°、新潟の南西60km付近)で大きな地震が発生しました。
震源の深さは約17km、地震の規模(マグニチュード)はM6.8と推定されています。



この日、関東甲信越でも震度3以上の揺れを観測、一番強い影響を受けたのは新潟県と長野県で震度5以上。
ちょうど新潟の沿岸部を襲ったこの地震は同日に3回も発生し、15時半頃には震度6弱、21時頃には震度4を観測しました。今でも微弱の余震が続いているそうです。

そして一番深刻となっているのは、新潟柏崎刈羽原子力発電所内で発生した火災での放射能漏れ被害です。
詳細は不明ですが、放射能が海へ漏れている・・ウランの入ったタンクが横倒れになっている・・との情報が寄せられています。

i92の新潟・五十嵐浜の波情報でお世話になっているサーフショップ・フリークスの久保田氏によると、勿論この地域では海へアクセスする海沿い道路や国道が土砂で潰され、海自体も安全性が確認出来ない事から、サーファーも波乗りを控えているとの事。
しばらくは、このエリアのサーファーは大変だが落ち着くまで決して無謀な行動はせず、情報収集をして行動して欲しいと言っていました。
久保田氏も、近々被災地へのボランティア復興支援へ向われるとの事なので、近県のサーファーの皆さんも是非積極的なご協力をお願いします。

尚、この地震関連の最新情報は新潟県のH.Pでより良い詳細が得られそうなので、アクセスしてみて下さい。http://bosai.pref.niigata.jp/bosaiportal/0716jishin/ 

そして遠方の方々は義援金での支援なども、各団体やメディア媒体で受付けをしている様なのでご協力を!http://www.jrc.or.jp/sanka/help/news/1247.html


※一方、サウスアフリカのJ-Bayで開催中のASP・WCT第5戦『Billabong Pro Jeffreys Bay』は、現地17日(火)に波が2-3ftへアップした事からR3の残る2ヒートを消化。
ビード・ダービッジ(AUS)とアドリアーノ・デ・ソウザ(BRA)が勝ち上がり、ロドリゴ・ドーンネルズ(BRA)とブルース・アイアンズ(HAW)が敗退しています。
R4の選手もウェイティングしていたが、波は相変らず小さめなのでエキスプレッションセッション共にこの日はその後順延されました。
今期王者を狙うミックは練習に余念が無く、今夜サイズアップすれば翌日ファイナルかも!と言う噂です。
| サーフニュース | 04:06 PM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.279665秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo