基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者


WSL / MATT DUNBAR

都筑有夢路が優勝!

台湾の台東、ジンズンビーチで行われているWSLワールドジュニアチャンピオンシップは、11月29日にファイナルデーを迎え、都筑有夢路が見事優勝!

頭オーバー~頭半サイズ、水の量が多めでセットが入りだすとややハードなコンディションとなる中、都筑有夢路はセミファイナルで2018ディフェンディングチャンプのキラ・ピンカートンと対戦。

9.27ptのエクセレントを含む14.60ptでキラを撃破すると、ファイナルでも落ち着いた試合運びを見せ、トータル13.00ptをQSシリーズでもCTクウォリファイを争ったアリッサ・スペンサーを抑え優勝。


脇田紗良もセミファイナルまで勝ち上がりをみせたが、アリッサ・スペンサーに敗れファイナル進出はならなかった。


続きを読む▽
| サーフニュース | 05:12 PM |

投稿者: 管理者

【動画で世界中のウネリをイメージしやすくなった】


2019年は、台風15号・19号が東日本や北日本を中心に、大雨と風で大打撃を与える印象的な年になってしまった。


雨や風情報は今後も拡充し続ける筈だが、波浪情報画面も人知れず見やすくなっているのでチェックしてみては?

気象庁HP≻防災情報≻波浪実況・予想図と進む。

波浪予想図が動画対応となって見やすくなった。


2019年11月現在では予想期間が前日と今日と明日という3日間だけだが、動画で流し続けると前日の波が今日どうなってさらに明日どうなるのかの傾向がつかみやすい。


続きを読む▽
| 波浪コラム | 05:00 AM |

投稿者: 管理者



トリプルクラン第2戦がいよいよスタート!

ハワイオアフ島のノースショア サンセットビーチにて11月25日からウェイティングに入っていたトリプルクラウンの第2戦目となる”Vans Worldcup of Surfing”が25日よりスタートし、ラウンド1の全てのヒートを消化。

続く26日はデイオフとなり、27日にオーバーヘッドサイズにアップしコンテストON。ラウンド2がスタートした。


日本勢からは大原洋人と稲葉怜王がラウンド2よりクレジットされており、ラウンド3からはカノア五十嵐も登場する。



続きを読む▽
| サーフニュース | 11:35 AM |

投稿者: 管理者



WOMENS JUNIOR CHAMPIONSHIPが開幕

台湾の台東・金樽(ジンズン)ハーバーで行われているWSLジュニアチャンピオンシップが、開幕し、27日は女子のラウンド1がスタートした。


日本からは都築有夢路、松田詩野、脇田紗良がクレジット。

ラウンド1ではヒート3に都築有夢路が登場し、トータル15.50のハイスコアで1位通過しラウンド3へ駒を進めた。


続きを読む▽
| サーフニュース | 12:44 PM |

投稿者: 管理者




CREATORS & INNOVATORS UPCYCLE CONTEST 2019

VISSLAとサーフライダーファウンデーションによる、 『CREATORS & INNOVATORS UPCYCLE CONTEST 2019』が開催!

身の回りにある中古品やオブジェクトをアップサイクルしインスタグラム上に投稿して行うコンテスト。

波に乗る為のクラフト(例えばサーフボード、ハンドプレーン、パイポ、フィン、アライア等)を作り、その製作過程を記録したビデオ、あるいは3~6枚の写真をハッシュタグ#creatorscontestを付けてポストすると言うイベントも今年で5回目を迎えました。

2015年の第1回コンテストでは日本からエントリーの児玉譲二氏がファイナリストに選出され見事準優勝。

また、第3回コンテストではサーフライダーファウンデーションジャパンアンバサダーの石川拳大氏がファイナリストとなり、そして今大会も日本のノダヨシナリ氏が見事3位となりアメリカで行われた受賞式典へ招待されました。


続きを読む▽
| サーフニュース | 03:03 PM |

投稿者: 管理者



フレデリコ・モライスがトリプルクラウン第1戦で優勝


現地25日、ハワイオアフ島のノースショアサンセットビーチにてトリプルクラウン第2戦、今期QSシリーズ最終戦グレード10000「Vans World Cup of Surfing」がスタートしました。

初日はラウンド1の全てのヒートが終了し、ラウンド2のリザルトが確定したところで終了。


先日に終了したトリプルクラウン第1戦の「HAWAIIAN Pro」では、フレデリコ・モライスが優勝しQSランキング1位に浮上。

日本からは大原洋人と稲葉怜王が参戦しR2で敗退しているので、是非ともバンズワールドカップでは上位進出を狙ってほしいところです。


特に稲葉怜王の場合は、現在26位(12210pt)につけており、万が一優勝となればもちろんクウォリファイの可能性も出てきます!


続きを読む▽
| サーフニュース | 11:35 AM |

投稿者: 管理者



いよいよ2020東京オリンピックの開幕まで残り8か月強となり、各競技でも代表選考を決定する重要な大会が行われていますね。

サーフィンでは12月8日から行われるWSLメンズ最終戦のビラボンパイプマスターズの結果により世界最高峰のトップリーグから男子10名、11月25日からハワイ島で行われる女子最終戦のルルレモンマウイプロの結果により女子8名の代表選手が選出されます。
※国によってはすでに代表選手が決定しています。


その代表権争いといえば、男子に限って話をすると。

選手層の厚いアメリカやブラジル、オーストラリアなどでは熾烈を極め、アメリカではヒザのケガで戦線離脱していたジョン・ジョン・フローレンスが最終戦に復帰を果たし、現時点での国内順位2位をケリー・スレーターと争うか否かという事にも注目が集まっています。

また、ブラジル勢では現在ランキング1位のイタロ、2位のギャビー、4位にフェリペがつけ最終戦の結果で代表が決定という、ワールドタイトル+オリンピック代表のボーナスまでもらえちゃう状態になっています。

サーフィン業界ではそんなオリンピックがらみの熱いニュースに便乗するかのように、世界中で続々営業が開始されているウェーブプールにも注目が集まっています。


続きを読む▽
| サーフニュース | 03:05 PM |

投稿者: 管理者

中国の汕頭(スワトウ)で開催されていた第1回 アジアサーフィン選手権が21日にファイナルデーを迎え、日本代表チームの全選手が好成績を収めた。


汕頭ビーチの様子


ショートボードでは。

男子オープン、U-20で上山キアヌ久里朱が優勝、松原渚生が準優勝をそれぞれ獲得。


女子オープン、U-20においても、中塩佳那が優勝、松岡亜音が準優勝。


ロングボード男子は浜瀬海が準優勝、女子は田岡なつみが優勝となり、今大会に出場の全ての選手が表彰台に上がった。


続きを読む▽
| サーフニュース | 09:47 AM |

投稿者: 管理者

【科学技術の進歩は止められない。あとはサーファーの心の問題。】


2018年施行の「宇宙活動法」で民間企業の宇宙参入に加速がついている。

人工衛星が小型化してこれまで100億円単位の打ち上げコストが下がり衛星開発費も5億円程度に下がったのも追い風。


これまでの衛星はカメラ撮影を基本としていたが、それだと平面しか地球を捉えられない。

レーダー衛星は高度600㎞程度からマイクロ波を地表に当ててその反射を観測に使う。マイクロ波は雲の影響を受けないので悪天でも夜間でもデータを集められる。

例えば広い範囲の高速道路工事でどの箇所が遅れているかなど一撃で判るという。


続きを読む▽
| 波浪コラム | 05:00 AM |

投稿者: 管理者



11月17日~24日までの期間、中国の汕頭(スワトウ)で行われている第1回 アジアサーフィン選手権が、大会3日目を迎え、日本から出場している選手たちは現在までに順当に勝ち上がりをみせています。


今回、第1回目を迎えるアジアサーフィン選手権では、日本をはじめ開催国の中国、シンガポール、スリランカ、モルジブ、アフガニスタン、イラン、台湾の計8か国が出場しています。



続きを読む▽
| サーフニュース | 11:50 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.83901秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo