基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者



フランスのビアリッツで行われている『2019 ISA World Longboard Surfing Championship』が30日に大会
5日目を迎えました。


ここまで日本人選手はメンズの浜瀬海がリパチャージラウンド4に進んでおり、ウィメンズでは田岡なつみがメインラウンドに勝ち残っています。


続きを読む▽
| サーフニュース | 03:42 PM |

投稿者: 管理者

【一生に一回のいい波とは平成に一回のいい波の事】


東京の時代ごとの気象記録を幾つか。

【最高気温(度)】
明治:36.6、大正:36.4、昭和:38.4、平成:39.5

【最低気温(度)】
明治:-9.2、大正:ー8.2、昭和:ー8.6、平成:ー4.0

【日雨量(mm)】
明治:171.5、大正:193.7、昭和:371.9、平成:259.5

【月最深積雪(cm)】
明治:46、大正:27、昭和:38、平成:27

ここから解るのは、温暖化して雪でなく雨が増えてゆく低気圧が増え、波がたつチャンスが多くなるトレンドであること。



続きを読む▽
| 波浪コラム | 05:00 AM |

投稿者: 管理者



現地29日に『2019 ISA World Longboard Surfing Championship』の大会4日目が進行しました。




大会4日目はメンズメインラウンド2からスタート。

浜瀬海がヒート18に登場し、トータル8.8ptで2位通過しラウンド3へ。


続きを読む▽

投稿者: Tomomi Fukaya



オーストラリア時間29日。
WAでウェイティングピリオドに突入した途端のWSL・CT第4戦『Margaret River Pro』がスタートしました。

会場となったのは、マーガレットリバーのメインブレイク。
数日前に終わったばかりの温水バリから一転、気温が一気に下がり、海の中でもフルスーツ。

波は1-4ft(オフィシャル発表)のAフレームとなり。
まずは女子、そして男子の順でシーディングラウンドすべてのヒートを進行です。



続きを読む▽
| サーフニュース | 04:54 AM |

投稿者: 管理者



大会3日目を迎えた『2019 ISA World Longboard Surfing Championship』は天候が回復。
コンディションはコシ~ムネサイズの風波ではあるが、前日に比べ若干のサイズアップは見られていた様子。


この日のスタートは女子から。リパチャージラウンド1とメインラウンド2が行われました。

まず、リパチャージラウンド1のヒート28に登場した椛沢実里は、トータル6.1ptで1位通過しリパラウンド3へラウンドアップ。


そしてメインラウンドのヒート14には田岡なつみが登場。


続きを読む▽
| サーフニュース | 10:30 AM |

投稿者: 管理者



フランスのビアリッツで行われている2019 ISA World Longboard Surfing Championship』は、27日に大会2日目を迎え、メンズのメインラウンド1がスタート。

日本からはヒートに2に浜瀬海、ヒート15に北村健一がクレジットされていました。

大会2日目はあいにくの雨模様で、まとまりのない風波コンディションの中、サイズはコシ~ハラくらいのサイズでヒートは進行。


まず、ヒート2に登場の浜瀬海は、安定したライディングで5.83pt 5.33ptのスコアでトータル11.43ptでトップ通過しメインラウンド2へ駒を進めました。



続きを読む▽

投稿者: 管理者



フランスのピアリッツにて、5月26日~7月2日までの期間、『2019 ISA World Longboard Surfing Championship』が開催されます。

teamJAPANからは、男子は北村健一、浜瀬海の2名。女子は田岡なつみ、椛沢実里の2名が日本代表として本大会へ出場します。

26日には開会式とパレードが行われ、その後女子ラウンド1の全てのヒートが終了しています。





続きを読む▽
| サーフニュース | 11:25 AM |

投稿者: Tomomi Fukaya



バリ島で開催中のWSL・CT第4戦『Corona Bali Protected』
インドネシア時間24日には、散々待った挙句、女子のクォーターファイナルを開催。

但しオンショアの影響が強まってしまったことを理由に、QFは最後のH4のみをちょい残し。
結局3ヒートのみ行われ、あとはファイナルズデーで決着をつけることに。

そして明けて25日。
待ち続けた4-6ft(オフィシャル発表)のバレルが、スピッツを噴出しているではありませんか!

イベントのウェイティングピリオドのの日に、ギリギリ間に合ったそのうねり。
2019年のCTクラマスにおいて、一番のコンディションで無事ファイナルまで進行。

そして優勝は・・・やりました!日の丸をしょった選手初、日本の五十嵐カノア(JPN)がその順位を獲得です。


続きを読む▽
| サーフニュース | 03:14 AM |

投稿者: 管理者

【天気図上に前線のない「低」マークが怪しいぞ】


予報が外れるとき、結局波は目視に頼らざるを得ない。

気象予報科学の敗北の瞬間は海に近い者勝ちとなる。


判りやすい台風や南岸低気圧と違って予報を外す主役はひっそりと存在する「ポーラロウ」という低気圧。

ポーラロウは、北極や南極など猛烈な寒気が上空を覆っているような地域で発生する低気圧の渦で、「極渦」とも呼ばれる。



続きを読む▽
| 波浪コラム | 05:00 AM |

投稿者: 管理者

第1作目の「ライフ・オン・ザ・ロングボード」(2005年9月公開)から14年、第2作目となる「ライフ・オン・ザ・ロングボード 2nd Wave」が、5月31日(金)より全国ロードショーがスタートします。





第1作目は大杉漣さん主演、小栗旬さんがローカルサーファー役として出演する豪華キャスト。

主人公演じる大杉漣さんが、種子島の最高のロケーションで第2の人生を取り戻すため、青春時代にのめり込んだサーフィンに再びチャレンジ。
そのひたむきな様子をみているローカルサーファーがしだいに打ち解け仲間になっていくヒューマンドラマ。


そして、第2弾となる今作は自身も17歳からサーフィンを始め、プライベートでも日ごろからサーフィンを楽しむ吉沢悠さんが主演。


続きを読む▽
| サーフニュース | 10:46 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.475101秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo