基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【西のアメダスをチェックすると風のふるまいが判る】


前線通過後の風が変わってサーフタイムに期待するのはよくある事。


日本に多い温帯低気圧の場合、温暖前線が接近して北東風のち、通過して暖域(温暖前線と寒冷前線の間、かなり昔は「スカートの中」とも呼んだ)では湿った南西風となる。

さらに、寒冷前線が通過するまで南成分の波がサイズアップし、いよいよ寒冷前線が通過して北西~北風になるのが太平洋側のサーフタイム。

一方、日本海側はこの北風でいよいよ風波サイズアップが始まる。


しかし。。北よりの風がオフショアのポイントは寒冷前線通過後の面ツルを期待して海に行くと、ガーン!

西風ブンブンという謎。 どうして??



特に冬季に多い西風は、寒冷前線の後ろにある寒気が長引く場合で吹き易い。

そんなときは自分がいるエリアより西にあるアメダスで寒冷前線通過後の気温をチェックしてみよう!


気温が冷え込んでいればいわゆる「鍋底寒気」。

寒気を上から見て鍋のようなU字型をしているしつこい寒気だ。

この鍋底のまっすぐな部分に風が吹くので西風なのである。


寒気が例えばV時型にシャープならば北西風や北風になるのだが…。

冬季で寒冷前線通過後に西日本の日本海側で雪が降るような時は鍋底を疑って、西風に強いポイントも候補に入れておこう。





TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.029711秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo