基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【冷たい海水で生きるサンマが不漁、どおりでサンマが高いわけだ。】


2020年9月1日気象庁の報道発表は「8月の日本の南を中心とした海域の海面水温は平年よりかなり高くなり、特に関東南東方・四国・東海沖・沖縄の東では解析値のある1982年以降で最も高くなった」というもの。

サンマが高級魚になるだけにとどまらない。


8月の月平均海面水温は関東南東方では29.3℃(平年差+1.6℃)、四国・東海沖では29.8℃(平年差+1.7℃)、沖縄の東では30.7℃(平年差+2.1℃)。台風は26℃以上の海面水温で発生し27℃以上の海水温度で発達する。


台風の役割は海をかき回して(サーファーの為に波を作り)、海面水温を下げる。




「今までの常識」では台風が出来た後に同じコースを辿る別の台風の発達は鈍かった。

なぜなら、すでに先行する台風がかき混ぜた海は温度が下がっていたから。


しかし、この気象庁の発表は水深50mまでも水温が高いというデータを同時に示している。


台風1個が海面をかき混ぜたところで海面水温が下がらない。

同じコースを何度も台風が発達しながら通過する危険性を示すものだ。


遠くで発達し作られたウネリを期待するサーファーとしては、近海までびっしり海面水温30℃とは赤道付近級だが、赤道付近は地球の自転の関係から台風やハリケーン、サイクロンなど熱帯低気圧一族は生まれない。

我々はこれまで経験してこない海に波乗りしているという自覚を持とう。





TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.016507秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo