基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【24時間以内に台風になる熱帯低気圧を「発達する熱帯低気圧」と呼ぶ】


2020年9月から、今後24時間以内に台風に発達すると予想される熱帯低気圧が日本に影響する恐れがある場合、台風と同じく5日(120時間)先まで予報が発表される事になる。


気候変動で海面水温が上昇し、日本近海まで27℃以上の海水温がほぼ当たり前になった近年、台風の卵である熱帯低気圧がビーチのすぐ近くで出来て数時間で台風に昇格し対策が間に合わないケースを避けるため。

2021年3月からは台風と同じく暴風域に入る確率も熱帯低気圧の段階から示す事になる。




離れた場所にあってウネリを届ける台風こそ波乗りには求められるものだが、熱帯低気圧もコースが5日先までわかれば予測が立てやすい。

どの場所で風速17m/sを超えて台風になるのかが波を当てるポイントになる。


発表の時間は台風の場合、1個なら00、03、06、09…21時と3時間おき観測しその50分後に情報更新。

2個目がある時は70分後、3個目は90分後というタイミング(日本列島に危険な台風の場合、数に関係なく50分後に発表)。


「発達する熱帯低気圧」は3時間おき観測の90分後に発表される。

遠くの台風より近くの熱帯低気圧からのウネリという新しい波がとらえやすくなる。




TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.837015秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo