基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【中休み明けに低気圧が発達するケースあり】


梅雨の中休みには2パターンある。

そもそも梅雨前線の構造が北側のオホーツク海高気圧と南側の太平洋高気圧の押し合いなので、どちらかが押し切った時が中休みとなる。

気象衛星ひまわりの雲画像では、雲の帯が北側にあるか南側にあるかで判別できる。


雲の帯が北上して梅雨の中休みの場合は、南の夏の高気圧が押し上げた夏のリハーサル型中休み。


夏の太平洋高気圧は暑く湿っていて、その上にはチベット高気圧も重なり気温上昇、日射で海風ビンビンの風波サイズアップ。

夕方日射が収まったらサーフタイム。

もしくは地面が暖められる前の朝一サーフィンを。



雲の帯が南に下がり切っての中休みの場合、北側のオホーツク海高気圧が勢力を強めたゴールデンウィーク再来型中休み。


オホーツク海は冷涼なエリアなので晴れても涼しいのが特徴。

ウエットも3㎜ジャーフルが欲しい所。

風は北よりになるので晴れても太平洋側はコンディションが悪くなりにくい。

ただウネリのもとがないとサイズアップは厳しいので、ここは潮回りをしっかりチェックし潮の上げ込みに期待。


中休みの特徴は、ここで偏西風が一旦大きく蛇行したわけだから、このあと気圧の谷がやってきて低気圧が発達し、天気が荒れて梅雨に戻る事が多い。

そのため、このタイミングでサイズアップも見込める。





TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 2.10546秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo