基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【最高気温予想が18℃の東京が大外れの7.6℃だったあの日…波は最高だった】


寒気に覆われる冬の間は日本付近で低気圧が発達する事はないが、年が明けて間もない一週間で日本付近で低気圧が発達とは暖冬の極みだ。


2020年1月8日は日本海に低気圧が進み発達する予報。

ひと月遅ければ春一番が吹く典型的なパターン(立春から春分の間しか春一番と言わないが)。

いずれにせよ、南西風ビンビンのサイズアップで翌日は寒冷前線も通過してオフショア面ツルのTheDay…と誰もが思ったが、関東は違った。



北日本と沖縄では春一番の基準がそもそもないが、西日本からは春一番基準の南西風が強まり、西日本から南西風波サイズアップ。

東京が「南西風で気温上昇」という予報を大きく外して「寒かった」のは、周りが山に囲まれた関東平野には冬の重たい寒気が滞留して溜まっていた為。

ドーム状になった寒気は見かけ以上に強く、春の南西風は寒気ドームの上空1500mを滑昇してしまい、地面付近は寒冷前線と温暖前線に挟まれているにもかかわらず「まさかの弱い北風」となった。


結果、沖では南西ビンビンのサイズアップ、東日本太平洋側ビーチでは弱い北風オフショア、予想より一日早いTheDayとなった。


季節外れ過ぎて全く予測が立たない!


海に張り付く者だけがありつける奇跡の波。


海こそ偉大なり。





TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.742837秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo