基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者


WSL / MATT DUNBAR

都筑有夢路が優勝!

台湾の台東、ジンズンビーチで行われているWSLワールドジュニアチャンピオンシップは、11月29日にファイナルデーを迎え、都筑有夢路が見事優勝!

頭オーバー~頭半サイズ、水の量が多めでセットが入りだすとややハードなコンディションとなる中、都筑有夢路はセミファイナルで2018ディフェンディングチャンプのキラ・ピンカートンと対戦。

9.27ptのエクセレントを含む14.60ptでキラを撃破すると、ファイナルでも落ち着いた試合運びを見せ、トータル13.00ptをQSシリーズでもCTクウォリファイを争ったアリッサ・スペンサーを抑え優勝。


脇田紗良もセミファイナルまで勝ち上がりをみせたが、アリッサ・スペンサーに敗れファイナル進出はならなかった。




WSL / MATT DUNBAR

メンズも安室 丈が健闘!

男子では、安室 丈がセミファイナルまで勝ち進み、今大会優勝を手に下ルーカス・ビセンテとデットヒートを繰り広げた。

ともに終了のホーンがなる前にラストライドをコンプリート。

安室 丈はライトの波でエアー360をメイクし8.20ptをスコアするも、ルーカスもラストライドで8.33ptをマークしトータルわずか560ptで惜しくもファイナル進出はならなかった。


そのルーカスは、ファイナルでもラストライドでライト方向にバックハンドエアー360を見事メイクし、終了のホーン後のスコアコールで大逆転し優勝となった!




WSL WORLD JUNIOR CHAMPIONSHIP

メンズ
1位 ルーカス・ビセンテ(BRA)
2位 カド・マトソン(USA)
3位 安室丈 、ジャスティン・ベクレット(FRA)


ウィメンズ
1位 都筑有夢路
2位 アリッサ・スペンサー(USA)
3位 脇田紗良 、ガブリエラ・ビリャン(HAW)




| サーフニュース | 05:12 PM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.021567秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo