基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【統計資料に現れない波】


暖かい冬を暖冬というがその実態はイメージと違う。

気象庁では12月から2月を「冬」と規定しているから、この期間の平均温度が平年値より0.5℃以上(南西諸島は0.3℃以上)高ければそれは暖冬となる。


地球温暖化の入り口は、毎日徐々に気温が上がってくるというよりも、暖かい日と寒い日が目まぐるしく繰り返され、平均すると暖冬になるパターンになるようだ。

つまり、冬にしては暖かすぎる日(ブーツなんかいらないような)と真冬並みに寒い日(というか平年でいうと普通の寒さだが急に寒いので特に寒く感じてしまう)が入り乱れての結果、トータルで「暖冬」判断というわけ。



温暖化で弱っている冬の寒気は圧倒的に強い夏の暖気を押し下げられないが、寒気が極に溜まって限界が来ると一気に放出される(北半球なら「北極振動」と呼ぶ現象)とその時短い冬がやってくる。

その時は大荒れ大雪も。

長続きしない気まぐれな冬型は、ハワイノースには申し訳ないが暖気と寒気のせめぎあいは季節外れの南岸(or日本海)低気圧も生むから、日本付近はウネリの素が出来やすい。


寒い間は太平洋側はオフショアなので寒くなり始めがサーフタイム。

日本海側は冬型が緩む、つまり北風が弱まって寒くなくなる時がサーフタイム。


気まぐれな天気も統計上は平均値になり慣らされてしまうので、この目まぐるしさはデータに残らない。





TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-





| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.813321秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo