基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【台風上陸時の最低気圧が低かった台風ランキング】


台風の強さを気圧の低さで表現したがる人は多い。

風は気圧「差」で吹くので、実は中心気圧が低い低気圧とそのお隣の高気圧の気圧が高い事が強風の条件となる。

同じヘクトパスカルでも同じ風にはならない理由はこれだ。


近年海面水温が高まったため、台風が弱まらないまま日本列島に接近し上陸する傾向と言われている。

2019年10月12日上陸の台風19号は955ヘクトパスカル(hPa)という低さだったが、統計開始からランキングを見ると「まだまだ」なのだ。




第1位は1961年9月16日に上陸した18号(第2室戸台風)の925hPa。

2位は1959年9月26日に上陸した15号(伊勢湾台風)の929hPa。

3位1993年9月3日13号930hPa、4位1951年10月14日15号935hPa、5位は940hPaの台風が6つも!
9119、7123、6523、6420、5522、5405 ※91年の19号を9119と表記以下同様


つまり上には上がいて955hPa19号は5位にも入らない。

更に統計開始前では1934年9月21日「室戸台風」が911.6hPa。

1945年9月17日「枕崎台風」が916.1hPaがある。


ただ昔になればなるほど脅威的記録が頻発している所から推察すると、観測方法観や測機器が今と何か違うのかもしれない。

低目に出やすい昔の観測方法の中で唯一3位の93年13号台風は、現代の観測手法で堂々の3位なのでこの年が海面水温温暖化元年なのかもしれない。



ぷんすか


TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.062076秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo