基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者



先月始め、スペインのガルシアで行われたQS10,000「ABANCA Galicia Classic Surf Pro」にて見事優勝しQSポイント10000を手にし、一気にランキングを8位までジャンプアップし、来期のCTクウォリファイに期待がかかっている都筑有夢路。


10月16日から宮崎お倉が浜で行われていたQS3000グレードの「White Buffalo Hyuga Pro」でも3位となり、1680ポイントを加算。


ついにランキングを5位までアップし、シリーズ戦のハイグレードイベントは残すところオーストラリアでのQS6,000『Port Stephens Toyota Pro』のみとなりました。



いよいよ日本人女子初のCT選手の誕生か!



現在のQSランキングは第5位の位置づけだが、現CTで上位10名(来季もCTに残れる選手)の中にいるタティアナ・ウェストンウェブ、キャロライン・マークス、ブリッサ・ヘネシーらがQSランク上位にいる事で、QSからCTにクウォリファイ可能な順位は実質9位までとなっており、4位のタティアナを外すと都筑有夢路は実質4位となっています。

現段階で、まだ確定とは言えないものの、オーストラリアでのイベントも当然参加するだろうし、ある程度のポイントが見込めるだけに大幅に順位を落とすことも考えづらく、QS6位以内につけ来季のクウォリファイが決まりそうです!












また、現在13位につけている脇田紗良(11,410ポイント)や16位の前田マヒナ(10,900)にもチャンスは残されています。
万が一優勝となれば6000ポイントが加算されるので、クウォリファイの可能性は十分にあると言えます


QS最終戦となるQS6,000『Port Stephens Toyota Pro』は11月15日から行われるので、是非日本から彼女らに熱いエールを送りましょう!






QS6,000『Port Stephens Toyota Pro』


| サーフニュース | 09:55 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.807158秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo