基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【竜巻発生確度で突風被害のポテンシャルを知ろう】


台風接近、風の影響で海に入っていられないコンディションはままある。

特にオフショアが強すぎるような(体感的には8m/s以上の)時、面が奇麗なだけに「出来そう」と思えてしまう。


気象庁の「風の強さと吹き方」の定義によると、平均風速が15m/s(風に向かって歩くのが困難)を超えると屋根被害の可能性が現れ始めるとされている。


台風は中心付近の風速が17m/sを超えた熱帯低気圧なので、台風が通るとそこは必ず屋根被害がある事になるのだか、実際はそんなに飛んでいない印象。

気象庁は「よほど弱い屋根を想定」しているのか、かえって狼少年化が心配。



風向きが最も関係するが、一般的に屋根の瓦が飛ぶ風速は風速25m/s。

大工さんも意識をして対策している事も考慮すると風速30m/sを超えてくると危険(スレート瓦は60m/sまで耐えるという実験結果もあり)と考えたい。


怖いのは風には突風(今吹いている風速の1.5倍から2倍)が吹く場合があるという事。

風速30m/sが60m/sになった瞬間屋根が飛ぶ災害となってしまう。


台風が接近して家が心配な時、気象庁HP›防災情報›レーダーナウキャストを利用することをお勧めする。

この中の「竜巻発生確度」で風速が今のままなのか?さらに突風が吹く可能性が高まっているのかが判るから。


闇雲に怖がらず、自分で情報をとりに行くのが現代の防災なのだ。






TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.804039秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo