基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【沿岸前線では雨の予測が難しい。波は雨次第】


春や秋の朝晩ひんやり天気になると、内陸の地面付近に冷気がたまりやすくなる。

これを「滞留冷気塊」と呼ぶ。


滞留冷気塊は重くて動かない空気の塊なので、イメージでは目に見えない「山」がそこにある印象。


春はこれからやってくる夏の前兆現象で、また秋は過ぎ去った夏の名残でまだまだ南風が吹き易い。


海からの暖湿流×滞留冷気塊の間で出来るのが「沿岸前線」。



沿岸前線と聞くと、南岸低気圧のように波を生む気象現象で海沿いにできるイメージだが、関東地方では茨城方面からの東風(East)と湘南方面からの南風(South)がぶつかる「E-Sシア型」がさらに沿岸前線を複雑にして、天気予報を計算するコンピュータのモデルは「内陸に」沿岸前線を予測しがちだ。

これは東風がどの緯度まで入り込むか予測が難しいからで、天気予報を外すお馴染みのパターンと言われている。


それ程強くない南風と、それ程強くない東風がぶつかりながら内陸地面付近の滞留冷気塊に乗り上げて雨が降るから波が出にくいパターンだが、コンピュータの計算が外れて内陸でなく海沿いで雨になった場合は、雨上がりに波にありつける可能性あり。


天気予報が外れたときは雨の降る場所に注目なのだ。






TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.013665秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo