基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【気候変動で「スーパー台風」が日本列島を襲うリスクは高まっている】


ノーベル平和賞を受賞したアルゴア元アメリカ副大統領が創設した、気候危機に立ち向かう人材を育てる「ClimateRealityLeadershipProject」が日本で初めて2019年10月2日3日開催された。

温室効果ガスを減らして地球温暖化が引き起こす気候変動を止めるアクションは、世界的に「今」取り組まねばならない緊急性が高い。


アルゴアはサーファーではない(と思われる)が、気候危機はどう台風に影響を及ぼすか明快で、

①海水温が上昇すると台風は発達する。
②台風の発達速度が上がる。
③暖かい大気はより多くの湿気を保ち大雨につながる。
④海面水温の上昇によって高潮が増える。
⑤大きく蛇行するジェット気流によって、同じ場所に台風が留まる事がある。

とアルゴア本人からスライドショーで説明があった。



あえて加えるなら

⑥だから最近あんまり波が良くない…だろうか。

一気に発達しながら接近する今の台風は日本列島にダメージを与える位に接近した段階(当然海はクローズアウト)でスピードが弱まるので、同じ場所にとどまり被害が拡大する。

温暖化以前の台風は、日本の遥か南で発生し発達しながらフィリピンの東まで進んで向きを変え、沖縄方面に向かう頃は弱まってくる。
そのため、近づいてもいい波が続くポイントも多々あり、日本列島に上陸するころには上層のジェット気流が早めに日本の東海上に台風本体を流してくれていたのに…。




TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.266649秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo