基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【AIが最高のポイントを教えてくれる為に必要な日々の波チェックデータ】


初めて気象観測所が出来たのが1872年。

頭が下がる事に戦争中の原爆投下時も関東大震災で火事が起きた時も観測は続けられ、今日のスマホ時代になるとさらにセンサーも発達し膨大な気象データ「気象ビッグデータ」が集められている。


普段お世話になっている波情報サイトの波のサイズ、面の状態(つまり風情報)、点数、動画や写真も実は立派なデータで、気象ビッグデータの一種と言える。

これら全てを結び付けられるのは人工知能AIだ。




AIは膨大なデータや画像から規則性や似たパターン、特徴を見つけるのが得意。

この天気の時はここで波が立つというような予測が正確に出来る為のデータは日々の波情報が活用できそうだ。


現在はAIにお金がかかるので、今までのコンピュータ計算で予測しきれないなかった1995年以降データがそろっている200余りの急発達した台風の衛星画像や観測値、予測値をAIに教え込んで判断させる研究などに充てられている段階だ。

もっと安価にAIが使える時代はすぐそこに来ている。

ただ、データがないシークレットポイントやそもそも波情報が集められていないポイントは当然AIが名前を挙げる事はない。


そこはそっとしておきたい気持ちはAIに理解できないだろう…。




波浪コラム担当
小林 豊気象予報士プロフィール



TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.2047秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo