基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: Tomomi Fukaya



WSL・CT第4戦『Corona Bali Protected』を、開催中のバリ島。
インドネシア時間20日、いよいよ待望の新たなうねりが到達!

会場となっているクラマスでは、6ft級のセットが入るクリーンコンディションとなり。
メンズR3の続きから、R4 となるラウンドof16すべてのヒートが進行。

最終日へと進出する、クォーターファイナルの選手が出揃います。

引き続き大潮満月の潮位が大きく動くなか。
クラマスの美しい波とは対照的に、試合は波乱だらけ!




まず最初のヒートで、2018チャンプのガブリエル・メディーナ(BRA)が敗退。
同じくR3において、現在3位につけるジョーディー・スミス(ZAF)までもが姿を消していきます。

となると・・・4位の位置づけのフィリペ・トレド(BRA)にとって、絶好のチャンス到来。
その機会をフィリペはこぼすことなく、この日誰よりもよい仕事をしました。

サックサクに波を切り刻み、空中技のキレもばっちり。
シングルでもトータルでもハイエストを示し、QF進出を確定させます。



また日本の五十嵐カノア(JPN)もいい感じ♪
R3を勝ち上がり、R4ではジェシー・メンデス(BRA)を終始コンボに追いやった状態のまま、圧倒的な勝利となったのです。

カノアの進化系フローターは、ジャッジの大好物みたい。
波の裏側までなめる演技に、なんと8.23ptsがついた!

一日中炎天下のチャンネルに座る、ストライダーの居場所からだと。
裏側からでもエアー以外で選手が丸見えになる、珍しい光景だったかも。

カメラが追うカノアを見ていると、集中力・自信において、とてもよいVIBESなのが伝わってくるかのよう。
日本語で「技にもパワーとか入れるようにする」という言い回しが、なぜか印象に残りました。



GO Kanoaaa!!
パワー、シャープさ、技の新鮮さ。どれをとってもいい感じのカノア選手、突き進んでもらいましょう!



トラディショナルな極太えぐり系に、数字がつくのはお約束。
この日クラマス嬢を喜ばせた一人に、ウェイド・カーマイケル(AUS)の姿もありました。



波のサイズが上がるほどに、真価を露にするウェイド。
画面からは常に冷静な仙人風、若いのに尊老の風格と振る舞いの彼が勝利し、はしゃぐところ見てみたいですね。


さて、上位陣が姿を次々と姿を消す中。
7位につけていたコナー・コフィン(USA)も、コロヘ・アンディーの(USA)にやられR4で敗退となり。

これでトップ10でクラマスのファイナルデーに進出できたのは、フィリペとコロヘの2名だけという展開に。

また気になるところでは。
ジュリアン・ウィルソン(AUS)が今期不調続きで、クラマスでもR4で負けちゃいました。

ジュリアンは前回のベルズを終えた時点で、まさかの23位。
バリでも順位を上げるには厳し結果となり、昨年のようにチャンプ争いに関わるには、次のマーガレッツの好結果を外せない状況になってきています。


スーパースターのケリー・スレーター(USA)は。
力強いターンでエクセレントを持っていたミシェル・ボウレッツ(PYF)を相手に、手に汗握るシーソーゲームを制し。

ファイナルズデー進出を確定させます。
ケリーはバレルからトリッキーな動きまで、ノンストップでシュレッドしまくり。


他の選手とは違った位置でのトップの切り返しも、ユニークなキングスタイル。
ケリーのサーフィン、現在進行形で進化し続けているのでした。



届いてるうねりは落ち着く傾向となり、25日になると再びニュースウェル到達の見込み。
一体どの日を選んで、勝負をつけるのでしょう。

巷では、できるようなら21日に最終日を迎えるという噂。
続きは男女とも、クォーターファイナルからです。

今年のクラマスでは、一体何が起こるのか。
経過は追ってご報告させていただきます☆tomo

4 (Round of 16) Results:
Heat 1: Michael Rodrigues (BRA) 13.67 DEF. Julian Wilson (AUS) 6.77  
Heat 2: Wade Carmichael (AUS) 15.50 DEF. Joan Duru (FRA) 13.87  
Heat 3: Jeremy Flores (FRA) 14.17 DEF. Jack Freestone (AUS) 13.00  
Heat 4: Kolohe Andino (USA) 11.16 DEF. Conner Coffin (USA) 9.67  
Heat 5: Filipe Toledo (BRA) 15.93 DEF. Ryan Callinan (AUS) 13.47  
Heat 6: Kelly Slater (USA) 14.46 DEF. Michel Bourez (FRA) 14.27  
Heat 7: Adrian Buchan (AUS) 11.23 DEF. Leonardo Fioravanti (ITA) 10.80  
Heat 8: Kanoa Igarashi (JPN) 15.66 DEF. Jesse Mendes (BRA) 5.86



Corona Bali Protected Men’s Quarterfinal Matchups:
Heat 1: Michael Rodrigues (BRA) vs. Wade Carmichael (AUS)
Heat 2: Jeremy Flores (FRA) vs. Kolohe Andino (USA)  
Heat 3: Filipe Toledo (BRA) vs. Kelly Slater (USA)  
Heat 4: Adrian Buchan (AUS) vs. Kanoa Igarashi (JPN)

Corona Bali Protected Women’s Quarterfinal Matchups:
QF 1: Carissa Moore (HAW) vs. Brisa Hennessy (CRI)  
QF 2: Silvana Lima (BRA) vs. Sally Fitzgibbons (AUS)  
QF 3: Stephanie Gilmore (AUS) vs. Courtney Conlogue (USA)
QF 4: Bronte Macaulay (AUS) vs. Nikki Van Dijk (AUS)







| サーフニュース | 04:27 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 2.033648秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo