基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: Tomomi Fukaya



WSL・CT第2戦『Rip Curl Pro Bells Beach』
オーストラリア時間27日、土曜日。いよいよファイナルズデーを迎えました!

前日のワイルドで暴れん坊なベルズはすっかり姿を変え、クリーンな6-8ft(オフィシャル発表)の美しいベルズボウルがそこに♪
早朝からメンズQF→ウィメンズSF→メンズSFと滞りなく進行し。

ウィンキーポップの小波ビーチブレイク系で始まった、今年のベルズでしたが。
最後の舞台は絵に描いたような、垂涎もの完璧な波で決着をつけ。

ジョン・ジョン・フローレンス(HAW)と、コートニー・コンログー(USA)が優勝です!




まず、ジョン。
朝、大注目となったガブリエル・メディーナ(BRA)とのヒートを素晴らしい勝負で制し。



セミでジョーディー・スミス(ZAF)
決勝ではフィリペ・トレド(BRA)との手に汗握るシーソーゲームのうえ、嬉しい復帰後初の勝利となりました。

ファイナル前半はフィリペがリードし、ジョンはなかなかこれといった波をつかめず。
しかしゲームが後半に入ると、ジョンはエンドセクションで強烈なレイバックハックをこれまでと同様に披露。



そのトリックに数字がつき、ホーン直前にはフィリペが6.99ptsを必要とする状況まで追い込み。
なんとそこで終了ギリで波をつかみ、最後まできっちり演技・・・

さぁどうなる?正直、波がトロめでなめるような動きが中心になってしまったフィリペ。
とはいえ何をもって数字にしているのか、逆転かどうかは微妙~。

会場に居た全ての人が息をのむなかコールされた、ジョンの優勝でした。
先に海から上がっていたフィリペは不貞腐れてさっさと帰るようなことはせず、勝利したジョンを待って称えてから戻っていたのが印象的。



ジョンも久しぶりの勝利に、嬉しさを体中で表現。
次の第3戦バリ・クラマスでは、再びジョンの黄色ジャージィを見られますよ!



一方女子。こちらはコートニーがパーフェクト10という華を添えて、ベルを鳴らしました。
セミで彼女がやっつけた、レイキー・ピーターソン(USA)はツイてないことに、ジェットスキーの牽引の際、背中を痛めてしまったとのこと。



前日のベルズ、凶暴だったからな・・・
ジョーディーなんて、急に向きを変えたスキーに振り落とされている様子が映ってた。

スキーのドライバーだって、やはり必死だろうし。
実はレイキー、スキーで背中を痛めたのは初めてではないそう。

便利なことを導入するといいことばかりではなく、リスクも伴うのはしょうがないのか。
何はともあれ、次のバリまでにレイキーの痛みが治まりますように!



ファイナルではマリア・マニュエル(HAW)と対戦し、マリアが先に大きなセットを掴み数字を稼ぎ出します。
それを見ていたコートニー、セット狙いに切りかえてじっくりと待ち。

やってきました、イベント中最高と思われる完璧波到達の瞬間が!
ピークからインサイドまで、とにかく驚くほどの良い波。

ベルズのパーフェクト波で、きっちり仕事をすると。
はい、満点でした♡



コートニーは第3戦を前にランキングを3位にまで上げ、マリアが2位、トップがキャロリン・マークス(USA)のままとなっています。

メンズはジョンに次いでイタロ・フェレイラ(BRA)が2位、3位にジョーディー・スミス(ZAF)
4位にはフィリペ、5位ギャビーとなりました。

そういえば、イタロ。QFでジョーディーにまさかのインターフェアを取られちゃった。
あそこまで勝って、妨害ごときで敗退なんて。



この妨害、判定が難しそう。皆さんはどう思いますか?

リップカール50周年おめでとう。
そして令和もおめでとう!平成ありがとう。

ゴールデンウィークに突入ですね!
10連休の間に銀行などの公共機関が一斉に休み、そして元号が変わる2019年のGW。

皆様が安全に楽しく幸福な時間を過ごせますように。
お次のCTツアーは5月13日からスタンバイに入り、ディフェンディングチャンプは、またもやイタロ。

第3戦バリでは一体何が起こるのか、こちらの経過も追ってご報告させていただきます☆tomo

Rip Curl Pro Bells Beach Women’s Final Results:
1 - Courtney Conlogue (USA) 15.83 
2 - Malia Manuel (HAW) 14.84

Rip Curl Pro Bells Beach Women’s Semifinal Results:
Heat 1: Courtney Conlogue (USA) 14.50 DEF. Lakey Peterson (USA) 9.67  
Heat 2: Malia Manuel (HAW) 9.33 DEF. Caroline Marks (USA) 7.80

Rip Curl Pro Bells Beach Men’s Final Results:
1 - John John Florence (HAW) 14.30
2 - Filipe Toledo (BRA) 13.83

Rip Curl Pro Bells Beach Men’s Semifinal Results:
Heat 1: Filipe Toledo (BRA) 13.40 DEF. Ryan Callinan (AUS) 12.84 
Heat 2: John John Florence (HAW) 16.80 DEF. Jordy Smith (ZAF) 15.24

Rip Curl Pro Bells Beach Men’s Quarterfinal Results:
Heat 1: Ryan Callinan (AUS) 12.67 DEF. Kelly Slater (USA) 5.67 
Heat 2: Filipe Toledo (BRA) 14.17 DEF. Jacob Willcox (AUS) 13.06 
Heat 3: John John Florence (HAW) 16.87 DEF. Gabriel Medina (BRA) 15.17  
Heat 4: Jordy Smith (ZAF) 15.23 DEF. Italo Ferreira (BRA) 8.40





| サーフニュース | 02:32 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.619116秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo