基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: Tomomi Fukaya



オーストラリア・ビクトリア州で開催中のWSL・CT第2戦『Rip Curl Pro Bells Beach』
現地時間25日、いよいよ新しいうねりが届き始め、メイン会場であるベルズボウルにて女子R3からスタートになりました。

オフショアのクリーンコンディションでとても寒そうでしたが、朝から大勢のギャラリーが集まります。
平日なのになんでだ?と思いきや。

この日はオーストラリアのアンザックデーという祝日でした。
ちなみにアンザックデーとは、アメリカのベテランズデーのような日とのこと。

日本だとあまりなじみのない、復員軍人さんを称える為の祝日だったのだ。




暗いうちからラインナップには選手の姿があり、朝日とともにマンonマンとなるR3のホーンが鳴り響き。
今年から始動している、デュアルフォーマットのスタイルでヒートは進行。



頭オーバーは軽くある長い波で、レイキー・ピーターソン(USA)は8.33ptsのハイエストとなった大きなマニューバーを披露。
またトータルではレイキーと同スコアでハイエストを揃えた、カリッサ・ムーア(HAW)も、強烈なレイバックハックで好調ぶりをアピール。

また優雅な波になったことで、2018チャンプのステファニー・ギルモア(AUS)の動きが更に映え。
難なくクォーターファイナル進出を、確定させます。

ゴールドコーストでは奮わなかった、コートニー・コンログー(USA)は。
今回はきっちり仕事をし、ラウンドアップ中。



そういえば。コートニーのボードからビラボーンのステッカーが消えた!?
気になるところですが、どうやら自身プロデュースのブランドを立ち上げていくとのこと。

その際Billabongがバックアップするという情報なので、協力関係は続いているようです。

また初戦優勝の黄色ジャージィのキャロリン・マークス(AUS)は、運にも味方されているみたい。
対戦相手にバックアップが全くないという展開で、勝ち上がることができました。

他にはココ・ホー(HAW)、マリア・マニュエル(HAW)、ブリサ・ヘネシー(CST)らが勝利。
実際ブリサはハワイ在住なので、アロハ・ガールズがベルズの波にマッチしていることがうかがえます。



この日届いているうねりは、まだ序盤。
26日にかけ本気の強いスウェルが到達していく見込みから、ハワイアンの本領発揮となるかです。


その後行われた、メンズR3では。
まずケリー・スレーター(USA)が出番となり、人々の関心を一気にさらいました。



相手はジュリアン・ウィルソン(AUS)
ケリー炸裂とはいかなかったものの、ジュリアンが自爆する形で敗退。
舞台が本気のベルズになる日までつなぐことに成功、そこできっとケリーの奥義を知らしめることになるでしょう。

そして次のR3H2において、ピーターソン・クリサント(BRA)が勝ち上がったところで・・・
Heritageヒートが開催されることに。



このヒート、オールドスクールにはたまらないトム・カレン(USA) vs マーク・オキルーポ(AUS)での夢の勝負。
結果は長めのボードを使用した、オッキーの勝利。

実は観客にとって、勝ち負けはどうでもいいかも。
この二人がミドルサイズのFUNなベルズで、演技をしてくれたことに感謝。



ずっとショートボードでサーフィンしている、往年のチャンピオンたち。
健康もモチベーションもキープしていないと、できないこと。リスペクッ!ですね。


さて。その後はウィンキーポップへと会場を移動。
コナー・コフィン(USA)、ライアン・キャリナン(AUS)、フィリペ・トレド(BRA)が勝ち上がったのち。



ルーキーのセス・モニーツ(HAW)が、メンズのハイエストを出してマイキー・ライト(AUS)をやっつける一幕が。
きっちり良い波を待ち、少しの無駄もないターンを繰り返して得た8.17pts。

セスもサイズがあるベルズでの演技が楽しみな一人。
新人なのに、肝が据わってる感が凄いです。



次のヒートでは、なんとゴールディーでファイナル進出をしたコロヘ・アンディーノ(USA)が、ワイルドカードに敗れる波乱が。

コロヘを倒したのは、ウェスタンオーストラリアのジェイコブ・ウィルコックス(AUS)
ジェイコブ、大波で急に頭角を現しやすい。
波予想からして、CTerにとっての危険人物になることでしょう。

この日は、次のH8でデイビット・シルバ(BRA)が勝ったところで終了。
大波予想の26日は、ガブリエル・メディーナ(BRA)とWCのリーフ・ヒーズルウッド(AUS)の勝負からとなりました。

一体、どんな波になるのか。
めちゃくちゃ大きいという人もいれば、それほどでもないんじゃなかという人も。

どちらにしてもUS Navyの画像では赤を通り越して、冬のノースみたいに紫が近づいているし。 サーフラインだと8-12ft→午後には12-15ftになっていくという予想。

くーっ、楽しみ♪
そして土曜日にも大きなサイズをキープするってなってる。

今年のベルは誰が鳴らすのか?
経過は追ってご報告させていただきます☆tomo

Rip Curl Pro Bells Beach Women’s Round 3 Results: 
Heat 1: Lakey Peterson (USA) 15.50 DEF. Sage Erickson (USA) 9.00 
Heat 2: Coco Ho (HAW) 11.50 DEF. Johanne Defay (FRA) 11.44 
Heat 3: Carissa Moore (HAW) 15.50 DEF. Macy Callaghan (AUS) 11.20 
Heat 4: Courtney Conlogue (USA) 9.17 DEF. Nikki Van Dijk (AUS) 8.50 
Heat 5: Stephanie Gilmore (AUS) 14.13 DEF. Kobie Enright (AUS) 10.76 
Heat 6: Malia Manuel (HAW) 11.04 DEF. Sally Fitzgibbons (AUS) 9.83 
Heat 7: Caroline Marks (USA) 7.67 DEF. Bronte Macaulay (AUS) 5.20 
Heat 8: Brisa Hennessy (CRI) 9.63 DEF. Tatiana Weston-Webb (BRA) 8.87



Rip Curl Pro Bells Beach Women’s Quarterfinal Matchups:
Heat 1: Lakey Peterson (USA) vs. Coco Ho (HAW) 
Heat 2: Carissa Moore (HAW) vs. Courtney Conlogue (USA) 
Heat 3: Stephanie Gilmore (AUS) vs. Malia Manuel (HAW) 
Heat 4: Caroline Marks (USA) vs. Brisa Hennessy (CRI)

Rip Curl Pro Bells Beach Men’s Round 3 (H1-8) Results: 
Heat 1: Kelly Slater (USA) 11.84 DEF. Julian Wilson (AUS) 7.20  
Heat 2: Peterson Crisanto (BRA) 11.97 DEF. Michael Rodrigues (BRA) 11.67  
Heat 3: Conner Coffin (USA) 13.43 DEF. Soli Bailey (AUS) 11.83  
Heat 4: Ryan Callinan (AUS) 12.50 DEF. Michel Bourez (FRA) 10.76  
Heat 5: Filipe Toledo (BRA) 14.50 DEF. Caio Ibelli (BRA) 13.07  
Heat 6: Seth Moniz (HAW) 14.00 DEF. Mikey Wright (AUS) 8.50  
Heat 7: Jacob Willcox (AUS) 13.24 DEF. Kolohe Andino (USA) 12.20 
Heat 8: Deivid Silva (BRA) 13.17 DEF. Wade Carmichael (AUS) 11.87

Rip Curl Pro Bells Beach Remaining Men’s Round 3 (H8-16) Matchups: 
Heat 9: Gabriel Medina (BRA) vs. Reef Heazlewood (AUS)  
Heat 10: Willian Cardoso (BRA) vs. Yago Dora (BRA)  
Heat 11: Owen Wright (AUS) vs. Ricardo Christie (NZL)  
Heat 12: John John Florence (HAW) vs. Jadson Andre (BRA)  
Heat 13: Italo Ferreira (BRA) vs. Jack Freestone (AUS)  
Heat 14: Ezekiel Lau (HAW) vs. Jeremy Flores (FRA)  
Heat 15: Kanoa Igarashi (JPN) vs. Adrian Buchan (AUS)  
Heat 16: Jordy Smith (ZAF) vs. Leonardo Fioravanti (ITA)

Rip Curl Pro Bells Beach Men’s Round 4 Matchups: 
Heat 1: Kelly Slater (USA) vs. Peterson Crisanto (BRA)  
Heat 2: Conner Coffin (USA) vs. Ryan Callinan (AUS)  
Heat 3: Filipe Toledo (BRA) vs. Seth Moniz (HAW)  
Heat 4: Jacob Willcox (AUS) vs. Deivid Silva (BRA)
Heat 5: TBD Following Conclusion of MR3
Heat 6: TBD Following Conclusion of MR3
Heat 7: TBD Following Conclusion of MR3
Heat 8: TBD Following Conclusion of MR3 











| サーフニュース | 01:11 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.826187秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo