基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【春一番が思いっきり送れて吹くとき波は北傾向】


春一番とは。

立春(2/4頃)から春分(3/21頃)までの間で、日本海低気圧が発達し初めて南よりの強風が吹き、気温が上昇する現象。

風向きは東南東から西南西で風速は8m/s以上。

8m/sの風といえば葉のついた木がゆれ始め、波の中くらいのものでいっそうはっきりして長くなり、白波がたくさん現れる。

春のサイズアップの典型的パターンとも言えるが、2019年中国地方と九州南部は3月21日に春一番が発表された。

つまり期限ぎりぎりの最遅記録。

春一番が早い年遅い年、さらに吹かない年がある。

ぎりぎりまで吹かないとはつまり、南風が吹きにくい場である事。



具体的には、寒気に覆われていて北風勝ちであるため春の暖気が負けてしまう状態。


春一番は南風のあと必ず北風が吹くセオリーだが、南風よりも北風が強く吹いたり長く吹いたりするのがぎりぎり春一番の特徴。

こんな時はいつまでも寒くて北風になりやすいので太平洋側は面ツル傾向だがサイズダウンが早め。。

日本海側はシーズン終わりまで北ウネリが続きやすい。


2019年の場合、西日本がぎりぎり春一番なので、寒気が西回りで入っていて春になってもなかなか抜けないパターンだ。




波浪コラム担当
小林 豊気象予報士プロフィール



TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.219687秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo