基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【梅ほころぶ頃の光と重装備、桜咲く頃の風とタイドチェック】


クリスマスの頃は夜が最も長いから海にいられる時間は削られる。

気温は低いが冬至を境に太陽光がかすかに長くさすようになり始め、夕方が長くなってゆく。


梅は光を敏感に感じてほころぶ。

海水温は2ケ月遅れなので、年が明けて梅がほころぶ頃が海水温が最も低くなり、フルスーツにブーツ、場合によってはキャップ、グローブの準備。

スノーボードか海外トリップで最もほっと出来るのもこの時期。


2月に入ってからの最高気温を足していって600℃になると桜は開花する(600℃の法則)。






日中の最高気温が高まっても、春の移動性高気圧に覆われると放射冷却で明け方の気温の下がり方が大きい。


3月20日頃、昼と夜の時間が同じになりやっと日の出が早まってくる。

桜の咲く頃は、朝一サーフィンのち出勤通学が可能な明るさに達するものの、朝の気温が低い。

春は寒気と暖気がぶつかり合って風が荒れる天気が多く、風向の急変で海面のコンディションが変わりやすい上に、潮干狩りの季節、春の昼の潮は引きが大きすぎるのでタイドグラフと風向予測が必須情報。


潮が上げ始めて波乗りできる水深の時に風はどうなっているのか?

潮が引き始めて波が割れ始める時の風はどうなっているのか?


こうして徐々に海に向かう時間が増えてゆくのが春なのだ。




波浪コラム担当
小林 豊気象予報士プロフィール



TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.635414秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo