基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者



2020年の東京オリンピックまであと1年強と迫り、サーフィン業界も何となく熱を帯びてきた感じがする今日この頃。

先日、パシフィコ横浜で開催されたインタースタイルにてWSL、JPSA、NSA合同のオリンピック関連記者会見が行われ、東京オリンピックでの日本選手選考基準など説明がありましたので、オリンピックの出場選手の選考基準について、改めてまとめてみました。



オリンピックの出場枠

アジア大陸、アフリカ大陸、ヨーロッパ大陸、オセアニア大陸の各大陸から4名、男女合わせて8名が選考されます。
また、2019年9月に宮崎で行われるISAワールドサーフィンゲームスは、最上位選手により出場国枠が選考されるため各国にとって非常に重要な大会となります。

そのため、この大会には過去最高世界50か国以上、計300名以上の選手が選考枠を獲得するために出場する予定です。



オリンピックサーフィン競技の全選手枠は男女ともに20名づつ

国別の出場枠は男女ともに最大2名づつ。
日本は開催国であるため、あらかじめ男女1名づつの出場権利が認められています。



選考の優先順位は(日本以外の国)

①世界最高峰のツアー”ワールドサーフリーグ”通称WSLのチャンピオンシップツアーで2019年度のトップ10名

②2020年ISAワールドサーフィンゲームスの最上位選手 ※開催場所時期未定

③2019年ISAワールドサーフィンゲームスの最上位選手 ※2019年9月7日(土)-9月15日(日) 宮崎

※WSLツアーに多数参戦しているブラジルやオーストラリア、アメリカなどの選手はトップ10に入ってもその国で3番目となる場合は出場権が与えられません



日本代表波乗りジャパン<NAMINIRI JAPAN>になるためには

①国内強化指定選手75名である事(選考済) 75名のリスト

②最終的にWSLのCTツアーでトップ10に入るか、ISA 2020年WSGの上位選手

ISA 2020年WSGに参戦するには




 



第1回 ジャパンオープンオブサーフィン 概要
(英名:THE 1st JAPAN OPEN OF SURFING)

開催期間 2019年5月6日(祝)、7日(火)

開催地 千葉県一宮町 釣ヶ崎海岸

主催 一般社団法人 日本サーフィン連盟(NSA)

主管 ジャパンオープンオブサーフィン実行委員会

出場選手 男子16名、女子16名
| サーフニュース | 12:46 PM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.376116秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo