基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【南岸低気圧のコースは黒潮が決めるので波の立ち方が似てくる場合も】


初雪が各地で遅れた2018年2019年の冬はエルニーニョ現象で暖冬傾向と見られている。


西高東低の冬型が決まりにくく、冬季の北東ウネリがヒットするエリア…

北日本太平洋側や八丈島、中国海南島、フィリピンルソン島、ハワイノースショアは不安定な波の供給のはず。

エルニーニョ現象のなると特に東日本を中心に暖冬になる傾向がある。

北陸のスキー場は雪不足へ。



エルニーニョと関係なく同時に黒潮は大蛇行している2018年2019年冬。

黒潮(比較的暖かい海面)の流れが南に垂れ下がっているので、鹿児島の直近の南海上で発生した低気圧が真っ直ぐ東に進まずに東海沖辺りで一旦東南東へ下がり、暖かい海面をトレースするように進んでその結果、八丈島を南岸低気圧が通るコースとなる。


寒気の入り方次第では雪が東京に降る気圧配置。

近年の温暖化で海面水温が高く、水蒸気は多いので下層が冷え込めば積雪もあり。

ただもっと南岸ギリギリの方が通過後の波のサイズアップは大きいのだが、黒潮にコースを変えられてしまうので、蛇行している間は八丈島コースとなる事が多いようだ。





波浪コラム担当
小林 豊気象予報士プロフィール



TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.43197秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo