基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者




ワールドサーフリーグのチャンピオンツアーもいよいよ残すところノースショアでのパイプラインマスターズを残すのみとなりました。

現在、メンズではガブリエル・メディーナがタイトルにもっとも近く、とはいえ2位のジュリアン・ウィルソンと3位のフェリペ・トレドにも僅かなチャンスが残されている状況です。


前節ポルトガル終了時のトピックスでもお伝えしましたが、ガブリエルがパイプでファイナルまで残れば自力でタイトル確定。

ガブがセミファイナルで負けた場合3位となり、ジュリアンとフェリペのどちらかが優勝するとポイント逆転でどちらかのタイトルが確定。

ガブが早々に敗退した場合でも、ジュリアンとフェリペはファイナル進出が絶対条件で、どちらかもしくは優勝するとタイトル確定となります。


今回はそのメンズタイトル争いをフューチャーする映像がアップされたのでご紹介します。


WSL・CT第11戦『Billabong Pipe Masters』は2018年12月8日~20日をウェイティング期間として開催されます。


さらに個人的に注目するのはジョンジョンフローレンスが最終戦でいよいよツアーに復帰するということ。





現在、ハワイではトリプルクラウンの第1戦QS10,0000『Hawaiian Pro』が終了しジョエル・パーキンソンが優勝。
トピックス TC・QS10,0000『Hawaiian Pro』


TC第2戦はサンセットビーチでのQS10000「Vans World Cup」が11月26日からスタートします。




第3戦のパイプマスターズまでTCの行方にも目が離せない展開が続きますね!


CT第11戦『Billabong Pipe Masters』

WSL公式ホームページ

トリプルクラウンランキング




| サーフニュース | 10:08 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.802224秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo