基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: Tomomi Fukaya



ポルトガル時間16日、WSL・CT第10戦となる『MEO Rip Curl Pro Portugal』がスタートしました。
会場となっているペニーシェは、荒くれたワイルドなダブルオーバー。

「SUPERTUBOS」という異名がある通り、かなり底掘れなビーチブレイク。

海藻などのごみを巻き上げ、選手を降らせ、ボードをグルグルにし。
中にはワイプアウトの際、ジャージィがすっかり脱げてしまったり、板が壊れるなんてことも起こりました。



この日のスーパーチューボスは、ご機嫌斜め。
まとまりに欠けるワイドが目立ち、乗る波がないような中、どうにかソレを見つけ出し数字を上げていくといった状況。

それでもワールドクラスな彼らにかかれば、エクセレントだって可能。
DAY1はR1全てのヒートと、R2のH6までを進行です。



タイトルレースで注目されている、今回から黄色ジャージィとなったガブリエル・メディーナ(BRA)はトップ通過。
また3位につけ、先日ホセゴーで優勝したばかりのジュリアン・ウィルソン(AUS)も1位抜けを果たし、見事R3へとジャンプアップとなりました。

唯一フィリペ・トレド(BRA)がR2へまわったものの、この緊張のラウンドでは、1発目の演技からこの日のハイエストをスコア。
ワイドに見えたバレルをしっかり抜け、過激ショアブレイクにフィニッシュまでキメて8.17ptsを獲得。

絶対に負けられないR2で、しっかりラウンドアップに成功となり。
ヒートだけでなく、タイトルレースも、エキサイトに面白くしていくれています。



2018チャンプの可能性がある3人が揃ってR3進んだことで、
この地でのタイトルの可能性詳細が発表されたので、ここに記しておきます。

もしギャビーが優勝したら、ポルトガルで2度目のチャンプが決定。

そうなった場合フィリペが9位以上、ジュリアンが3位以上になれば、タイトルレースはハワイへ持ち越し。
またガブ君が2位以下でペニーシェをフィニッシュしたら、やはりレースはパイプで決着をつけるとのこと。

という訳で、何はともあれチャンプの行方は、まずギャビーが優勝しなければというのが条件。
難しいことではありますが、彼は昨年度、ここで優勝しているディフェンディング・チャンプ。

可能性は、なきにしもあらずなのだ。



DAY1、トータルでハイエストを揃えたのは、五十嵐カノア(JPN)
ホームのハンティントン、国籍となっている日本、そしてガールフレンドのお膝元であるポルトガル。

第3のホームの如く非常に慣れ親しんだこの地において、かなり冷静な波の選択をし、ビデオゲームばりのトリックを披露!

分厚いカールに張り付いて、上下逆になるかのような状態でリップと共に降りてきた。
更に凶暴なクローズセクションで、フィニッシュまでメイクしたのだから驚きます。



カノアのポテンシャル、思っている以上にすごいことになってる。
何かの罰並のゲボガバチュドーン波で、あんなことするなんて・・・感服です。


また今回も調子がいいのは、怪我のリプレイスで出場している、ライアン・キャリナン(AUS)
このイベント、ライアンのようなリプレイスやワイルドカードの選手も含めると、6名が通常ツアラー以外で出場中。

そんな臨時出場の選手の中で、R1を1位抜け出来たのは、ライアンただ一人。
何しろフランスではファイナリストになっていますからね、ノリノリのVIBESでペニーシェ入りしているのは間違いありません。


さて、夜が明けて17日もDAY2が行われ。
R2の続きH7から、H12まで進行していきます。
たった5ヒートではありますが、このラウンド全ての終了となりました。

前日より大分サイズダウンとなったペニーシェでは、すっかりバレルがなりを潜め。
飛びやターンメインの勝負になっていくことに。

まず朝からドキッとしたのは、エイドリアーノ・デ・サウザ(BRA)
どうやらヒート中に膝を痛めてしまったようでしたが、それでも波に乗ろうとトライしてた。

片足ではどうにもこうにも勝負にならず、あまりにも痛かったのでしょう。
最後はイベントの救護隊に抱えられ、運ばれていったのです。



実はショアブレイクで、右膝がパンッと弾けるような音を聞いてしまったんだって(怖)
痛みに顔が歪む、エイドリアーノ。パイプまでに回復しますように。

サウザ相手にほぼ不戦勝系でR3へ進んだのは、ジョアン・デュルー(FRA)

他にはマット・ウィルキンソン(AUS)、ジェレミー・フローレス(FRA)
パトリック・グダスカス(USA)、イズキール・ラウ(HAW)そして開催国のプリンス、フレデリコ・モライス(PRT)らが勝ち上がっていったDAY2。

ユーロ圏の選手のラウンドアップが、いつもより目立っていますね。


今後特に大きなうねりが到達することは、薄い見込み。
FUNなサイズで、スーパーチューボスは決着をつけることになるのでは。

会場には、今回もケリー・スレーター(USA)の姿はありませんが。
今期はじめの方で引退した、ミック・ファニング(AUS)の姿が♪



経過は追ってご報告させていただきます☆ @tomofuka_yeah


MEO Rip Curl Pro Portugal Round 1 Results:
Heat 1: Ryan Callinan (AUS) 9.53, Ezekiel Lau (HAW) 9.00, Owen Wright (AUS) 6.50 
Heat 2: Jordy Smith (ZAF) 9.73, Yago Dora (BRA) 5.57, Keanu Asing (HAW) 4.54
Heat 3: Italo Ferreira (BRA) 10.94, Frederico Morais (PRT) 6.20, Wiggolly Dantas (BRA) 4.43
Heat 4: Julian Wilson (AUS) 14.50, Connor O’Leary (AUS) 12.00, Vasco Ribeiro (PRT) 9.47
Heat 5: Tomas Hermes (BRA) 10.50, Filipe Toledo (BRA) 9.56, Miguel Blanco (PRT) 4.17
Heat 6: Gabriel Medina (BRA) 13.17, Samuel Pupo (BRA) 6.03, Patrick Gudauskas (USA) 4.77
Heat 7: Adrian Buchan (AUS) 9.10, Miguel Pupo (BRA) 8.30, Wade Carmichael (AUS) 5.80
Heat 8: Conner Coffin (USA) 12.16, Griffin Colapinto (USA) 10.17, Joan Duru (FRA) 3.17
Heat 9: Ian Gouveia (BRA) 11.50, Kolohe Andino (USA) 5.76, Jeremy Flores (FRA) 1.80
Heat 10: Jesse Mendes (BRA) 8.83, Willian Cardoso (BRA) 7.03, Sebastian Zietz (HAW) 2.54
Heat 11: Kanoa Igarashi (JPN) 14.77, Matt Wilkinson (AUS) 6.77, Adriano de Souza (BRA) 6.17
Heat 12: Michel Bourez (PYF) 10.47, Michael February (ZAF) 6.73, Michael Rodrigues (BRA) 1.67

MEO Rip Curl Pro Portugal Round 2 Results:
Heat 1: Filipe Toledo (BRA) 12.67 def. Samuel Pupo (BRA) 5.03
Heat 2: Owen Wright (AUS) 9.33 def. Miguel Blanco (PRT) 7.73
Heat 3: Wade Carmichael (AUS) 8.03 def. Vasco Ribeiro (PRT) 7.90
Heat 4: Kolohe Andino (USA) 12.33 def. Wiggolly Dantas (BRA) 9.73
Heat 5: Willian Cardoso (BRA) 14.50 def. Keanu Asing (HAW) 9.67
Heat 6: Michael Rodrigues (BRA) 13.00 def. Miguel Pupo (BRA) 10.10
Heat 7: Joan Duru (FRA) 12.83 def. Adriano de Souza (BRA) 4.50
Heat 8: Matt Wilkinson (AUS) 11.33 def. Sebastian Zietz (HAW) 10.83
Heat 9: Jeremy Flores (FRA) 12.50 def. Michael February (ZAF) 9.84
Heat 10: Patrick Gudauskas (USA) 11.10 def. Griffin Colapinto (USA) 10.66 
Heat 11: Ezekiel Lau (HAW) 13.26 def. Connor O'Leary (AUS) 8.36
Heat 12: Frederico Morais (PRT) 11.44 def. Yago Dora (BRA) 9.16



MEO Rip Curl Pro Portugal Round 3 Matchups:
Heat 1: Italo Ferreira (BRA) vs. Jesse Mendes (BRA)
Heat 2: Kolohe Andino (USA) vs. Ezekiel Lau (HAW)
Heat 3: Jordy Smith (ZAF) vs. Matt Wilkinson (AUS)
Heat 4: Conner Coffin (USA) vs. Frederico Morais (PRT) 
Heat 5: Michel Bourez (PYF) vs. Michael Rodrigues (BRA)
Heat 6: Gabriel Medina (BRA) vs. Ryan Callinan (AUS)
Heat 7: Filipe Toledo (BRA) vs. Joan Duru (FRA)
Heat 8: Kanoa Igarashi (JPN) vs. Jeremy Flores (FRA)
Heat 9: Wade Carmichael (AUS) vs. Tomas Hermes (BRA)
Heat 10: Owen Wright (AUS) vs. Patrick Gudauskas (USA)
Heat 11: Willian Cardoso (BRA) vs. Adrian Buchan (AUS) 
Heat 12: Julian Wilson (AUS) vs. Ian Gouveia (BRA) 



| サーフニュース | 12:49 PM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.447953秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo