基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者



愛知県田原市 赤羽根ロングビーチで開催中のISAワールドサーフィンゲームスが大会3日目を迎え、徐々にサイズダウンするコンディションを考慮し足早にスケジュールを進行。

メンズはメインラウンドのラウンド6が終了し、残すグランドファイナルに駒をを進めたのは.......

やりました!チームJAPANのカノア・五十嵐!!とサンチエゴ・モニーツ(ARG)となった。

明日はメンズのリパチャージ5が行われ、いよいよメンズはファイナルデーを迎えることになった。
果たして結末はいかに!?

ヒートのファーストコールは午前7時の予定です。



igarasshi kanoa



チームJAPANの残る2人、村上舜と大原洋人ですが、村上舜はラウンド6で4位となり最もメインラウンドファイナルに近いリパ10へ回っている。


hiroto ohara


また、大原洋人はラウンド5で4位となりリパ8に回ることになりました。


ウィメンズではメインラウンド4が終了し、ラウンド5に出揃ったのはビアンカ・ビュイテンタグ(RSA)やペイジ・ハーブ(NZL)、サリー・フィッツギボンズ(AUS)やポーリン・アドゥ(FRA)らCT戦さながらのメンバーがラウンドアップしている。


チームJAPANでは黒川日菜子がメインラウンド4まで進むも3位っとなりリパ6に回った。

川合美乃里と橋本恋はリパラウンド4までラウンドアップを果たしているので、明日の活躍に期待したいところ。



ここまでのチームJAPANの戦いぶりで、チーム順位もフランス、ポルトガル、スペインら11チームとならび1位につけているので、特にメンズディビジョンではすでにカノア五十嵐がファイナルに進んでいることもあり、またリパからの敗者復活を狙える位置に村上舜と大原洋人がつけているだけに金メダルも夢じゃない位置。


まずは明日のメンズファイナルデーでの戦いに期待しつつ、現地でチームJAPANの応援&生リポートしてきます!




がんばれJAPAN!



ISA ワールドサーフィンゲームス OFFICIAL
http://isasurf.org/wsg/2018/en/



| サーフニュース | 05:25 PM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.459571秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo