基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者



2018年5月26日(土)~27日(日)の日程で、千葉県いすみ市の太東ビーチにてJPSA2018ロングボード第2戦「太東ロングボードプロ」が開催された。

男子は2017年のグランドチャンピオンである浜瀬海が優勝、女子は吉川広夏が優勝を手につかみ両社とも2戦目終了時点でレイティングトップに踊り出た。




ファイナルデーはモモ前後と物足りないサイズに見舞われたものの、風が合ってクリーンなコンディションの中、ヒートは進行。

男子のファイナルは浜瀬海、井上鷹、秋本祥平、森大騎の戦いとなった。



開幕戦のバリ・クラマスで優勝している秋本祥平、そして昨年の太東で優勝しディフェンディングチャンプの森大騎、バリで2位の井上鷹を抑え、巧みなボードコントロールでノーズライドやマニューバ―を駆使しトータル11.00ptをマークした浜瀬海が開幕戦の雪辱を晴らし1位でフィニッシュ。

2位は2戦連続となる準優勝を手にした井上鷹。3位には秋本祥平が続き4位に森大騎が続いた。



浜瀬海は先週に行われたスタイルマスターカップでも優勝を手にしているだけに、調子は上々。今シーズンもシリーズを牽引する存在を示した。



女子のファイナルは吉川広夏、田岡なつみ、小山みなみ、小栗瑞恵が顔を揃えた。



スタートダッシュを決めたのは吉川広夏。
1本目のライドから5.25ptをマークしヒートをリードする展開。
早々にバックアップもまとめ9.05ptとしそのまま逃げ切って優勝を手にした。

中盤、田岡なつみは5.75ptをスコアし2位につけるがその後ポテンシャルのある波を掴めずあと一歩というところでトータル9.00ptとわずか0.05ptで準優勝。

3位には小山みなみ、4位に小栗瑞恵が続いた。


ロングボードシリーズの第3戦は場所を千倉に移し、今週末の6月2日(土)~3日(日)の期間で行われる「9GATES PRO CHIKURA」となっている。




JPSAロングボード第2戦「太東ロングボードプロ」

男子

優勝:浜瀬海 11.00pt
2位:井上鷹
3位:秋本祥平
4位:森大騎


女子

優勝:吉川広夏 9.05pt
2位:田岡なつみ 9.00pt 
3位:小山みなみ 7.35pt
4位:小栗瑞恵 4.85pt


JPSAオフィシャル
http://www.jpsa.com/





| サーフニュース | 05:20 PM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.459736秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo