基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者


カリフォルニア州のハンティントンビーチで現地25日にファイナルデーを迎えたQS1500イベント「Jack’s Surfboards Pro」。

優勝はファイナルでダブルクラブローテーションをメイクし、9.50ptを叩き出したKevin SchulzがQSイベントでの初優勝を飾った。


今大会は高グレードではないものの、元CTツアラーでハンティントンローカルのブレット・シンプソンやアレックス・リベイロら実力者も多く出場する中、日本からも多くの選手が参戦していたのでその結果をチェック。

今回参戦したのは安井拓海、古川夕海、仲村拓久未、久米大志、川畑友吾、佐藤魁、河村海沙、三輪紘也、幸総一郎、岡村晃友、川畑太志、小笠原由織ら12名。



その中でも安井拓海がラウンド5まで勝ち上がり、Gabriel Farias(BRA)、Jeremy Carter(USA)、Makai McNamara(HAW)らと対戦。
トータル10.34ptをマークするが、Jeremy Carterの11.66ptまで後一歩及ばず3位敗退となりクウォーターファイナル進出ならず。


仲村拓久未、古川海夕はラウンド4まで勝ち進んだものの、ともに4位敗退となった。


古川海夕


ラウンド3 H4大音凛太3位、H5佐藤魁4位、H9河村海沙4位、H10川畑友吾4位、H13三輪紘也4位


大音凛太


佐藤魁


川畑友吾


ラウンド2 H3岡村晃友3位、H6久米大志3位、H7小笠原由織4位、H16幸総一郎3位


幸総一郎


ラウンド1 H1川畑太志3位



次のQSイベントで新井洋人、大原洋人のほか安室丈など多くの日本選手が登場するのは、3月27日~4月1日に行われるQS3000「Barbados Surf Pro」です。
Barbados Surf Pro


そして28日からはいよいよミック・ファニングのツアーラストゲームとなる「Rip Curl Pro Bells Beach」も始まります!
Rip Curl Pro Bells Beach

WSL





| サーフニュース | 11:53 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.827885秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo