基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【気圧と気温と太陽放射がお互い影響し合いながら風の駆動力となる】


風が吹かないと波が立たない。

波長が長く波乗りに向いているウネリは吹送距離(風が吹いている距離)と吹送時間(風が吹いている時間)が長くないと生まれない。

そんなウネリは気圧配置で吹く風で生まれる。

代表的なものが台風のウネリだ。


波長が長いそうしたウネリは遠くまで届くので、ポイントでは全然違う天気でオフショアの場合は面ツルもあり。

気温差で吹く風で波が立つ場合もある。

西高東低の冬型気圧配置なのにただ北風にならず、西がらみになるのは気温が原因。



寒気が大陸から南下して、海側の暖かい空気との間で西風が強く吹くと、風波サイズアップするがまだ面が悪い。

風をかわすか温度差が解消されて風が弱まるのを待つかだ。


吹総距離と吹送時間が長ければ風波がウネリに成長する場合もある。

太陽放射で吹く風は夕方が狙い目。

真夏の朝からガンガン陽射しがある時は内陸部で昇温して上昇流が出来るので、そこに海風が吹き込む為の「ど」オンショアでサイスアップする。


波長が極めて短い風波で長持ちしないので、出来そうなサイズなら面が悪くてもあるうちに入るべし。





波浪コラム担当
小林 豊気象予報士プロフィール



TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-





| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.458866秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo