基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【バナナの値段で台風を予測する】


日本に輸入されている8割のバナナがフィリピン産。

当たり前だが収穫量が多ければ値段は安くなるバナナ。


1970年から2010年の間にフィリピンに上陸した台風は200個で年平均5個の上陸がある。

日本の上陸台風は年2.6個である事と日本付近は海面が冷えていたり、寒気が上空に入って台風を変質させてしまう事に比べフィリピンは勢力が強いままの上陸が多く被害も毎回甚大。

平均5個の上陸も内訳は最多12個(1972年)、最少は1個(1983年と1997年)。

台風の上陸が少ないと被害が少なく輸入バナナが豊作で安くなる。



最少1個の年の次の年からラニーニャ現象がスタートしている事が興味深い。


ラニーニャになるとは即ち、フィリピン付近は高気圧が維持されて高気圧も守られているから台風が近づけない。

ラニーニャの日本は寒春、夏猛暑で 集中豪雨、暖秋、冬寒波で大雪。


フィリピン上陸台風は10月がもっとも多いので日本のサーフィンの台風シーズンと合っている。

フィリピン産バナナが高い時こそ、台風のウネリに恵まれた年。バナナが安いとラニーニャ現象が近いとも言える。




波浪コラム担当
小林 豊気象予報士プロフィール



TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-





| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.569051秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo