基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【南岸低気圧のコースをコントロールする黒潮】


2018年1月22日(月)東京で23cm積もる大雪。

東京の雪は南岸低気圧で降る場合が多いので波乗り的には歓迎だが、東京は積雪3㎝で交通障害が起きてしまう雪に弱い世界最大の都市。


雪を降らせた南岸低気圧の発生は九州鹿児島の近くだった。

通常このまま東に進むと八丈島より北側を通るので低気圧が東京に近すぎ、低気圧の中心は温度が高いため雪でなく雨になる筈。

雪になった理由は二つ。



一つはラニーニャ現象。

フィリピン付近に高気圧が出来やすく、冬季は高気圧の北側の日本列島に高気圧の縁をまわった中国大陸の寒気が入りやすく、ラニーニャは寒冬。

この日の場合、降れば雪くらいの寒気が静岡伊豆まですっぽり覆っていた。


二つ目は黒潮が12年ぶりに大蛇行している事実。

黒潮(比較的暖かい海面)の流れが南に垂れ下がっているので、鹿児島の直近の南海上で発生した低気圧が真っ直ぐ東に進まずに暖かい海面をトレースするコース(東南東方向)を進んで、結果、八丈島を南岸低気圧が通る鉄板コースとなり東京に降雪だった。


南岸低気圧が「意思」を持つように暖かい黒潮を追いかけて行く事が興味深い。




波浪コラム担当
小林 豊気象予報士プロフィール



TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.614018秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo