基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【西高東低の低気圧はどこを通って来たのか?】



冬の気圧配置の代表が西高東低冬型気圧配置。

西の中国大陸に高気圧、日本の北東海上のカムチャツカ辺りに低気圧があり、大荒れした低気圧のウネリは二週間後ハワイのノースショアに届く。

また北西風サイズアップしているので日本海側は海が落ち着くのを待つ気圧配置ともいえる。


寒気と暖気の境目が低気圧のコースとなるので、巻き戻してみると低気圧が日本海側を通った場合と太平洋側を通った場合がある。

太平洋側を通った場合それは南岸低気圧で太平洋側をサイズアップさせた筈。日本海側を通った場合、南風が強まって南ウネリがサイズアップしたに違いない。


稀に日本列島に低気圧や低圧部が出来てそれが西高東低に移行する場合がある。

陸(付近)に出来る低気圧(低圧部)なのでサイズアップはないが日本の東海上に出た後に発達し、東ウネリのバックスエルが期待できる。


特徴は低気圧(低圧部)があるうちは寒気をせき止めるので気温がそれまでよりやや上がる事。

この寒気ストップ低気圧は寒さを一旦緩めるが、そのあと強い冬型になる。


冬の寒波の前の静けさなのだ。





波浪コラム担当
小林 豊気象予報士プロフィール



TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-





| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.488933秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo