基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【日の入がもっとも早い日は冬至の前】


サンセットサーフィンは格別。

なんか得した感じの一日のエンディング。


気象の世界では地平線(水平線)から完全に太陽本体が隠れた瞬間を日の入と呼ぶ。

日の入、30分後は太陽の位置が地平線(水平線)下6度である。

この時間は西の空は下から赤、橙、黄そして上空では緑や青がはっきりして空全体は紫が美しい。

一方で人間が戸外で照明無しに作業出来る限界で灯台が点灯し始める。


空に見とれていてはいけない!


この時間から後こそ、もう沖のウネリは見えなくなるので素敵な最後の一本に乗れる事を考えよう。

日の入がもっとも遅い日は夏至より1週間ほど後、更に西に行けばいくほど太陽は西に沈むのでサンセットは遅くなる。

「九州の西側でやってるときは1番遅くまで入っていたのが、20時くらい。夕日を眺めながらサーフィン」と聞いた。


調べてみると鹿児島で日の入19時27分!

この時間+30分とすると大体20時!

波乗りできるのは日の入後30分までと考えて行動しよう!





波浪コラム担当
小林 豊気象予報士プロフィール



TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-





| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.474266秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo