基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: Tomomi Fukaya



1月29日からスタンバイに入っていた、WSL・QS3,000『Volcom Pipe Pro』
ウェイティング期間に入ってから、サイズの大きな荒れたノースショアが続いていました。

が、ハワイ時間2月2日。
ようやく落ち着く傾向となったことで、午前11時まで待っていよいよスタート!

続く2日もONとなり、これら両日はバックドアばかりでの勝負。
日本からも多くの選手が参戦し、なかでも稲葉レオ(JPN)と大橋海人(JPN)はR2を勝ち上がって次にラウンドへと駒を進めていきます。


そうして迎えた3日、まとまった状態でウネリがサイズアップ!
待ちに待ったパイプも口を開き、風も穏やかな非常に美しい波が姿を現したのです。

ハワイアンサイズで、セット10ft?
とにかく十分な大きさで、クローズ直前のギリギリサイズだったといえるのでは。



DAY3に進行していったR3では、トップシードが続々と投入され、それらの選手と対等に演技をしたTEAM日本の彼ら。
先に演技をした大橋選手は、リアルなパイプをしっかりと抜けていたので、このままラウンドアップ!と思いきや・・・

ヒート終盤にいきなり高スコアを出したミッチ・コールボーン(AUS)が、逆転に必要なスコアを一気に2.40ptにまで下げ。
そのまま最後のカウントダウンと共に乗った手前の小さなパイプを抜けてしまい、大橋選手はまさかの3位転落。

惜しかったです。
ミッチが選手としての作戦をわからせた、そんな展開でした。


一方、稲葉選手は。
貸し切りのこのピークを、まるでまとめ乗りするかの如く、フロントでパイプをメイクしまくります。

しかし稲葉選手が演技をした時間帯はエクセレントな数字を持つ者が目立ち、GOODな数字を揃えたものの僅差で及ばず。
残念ながら、こちらも3位敗退です。

今年は村上舜、大野修聖、脇田貴之、そしてオルタネイト待ちで出場できた脇田泰地らが、この世界のS級の舞台で示した日頃の成果。
試合では勝てなかったけれど、彼らがどのようなチャージを示しているのか等、TEAM日本のノースショアでの存在が大きくなってきていることを確信できましたね!

また遠く離れたオーストラリアのカバリタ(NSW)では、橋本恋(JPN)がWSL女子1,000のイベントで優勝という、嬉しいニュースが届いています。
これらはTEAM日本の今後の活躍を、明るくワクワクした気持ちで見守っていける、頼もしい素となりました。


話しは戻り。QSということで、CTとはまた違ったお楽しみが控えているこのイベント。
特にDAY3でありがたかったのは、ジョン・ジョン・フローレンス(HAW)がR3勝利後のインタビューの際、突然ジェイミー・オブライエン(HAW)も登場。



ラインナップではケリー・スレーター(USA)、ブルース・アイアンズ(HAW)、セス・モニーツ(HAW)、イマイカラニ・デヴァルト(HAW)らがヒートをこなし。
その様子を横目に、リラックスしたジョンとJOBでフリートークという、願ってもなかなか見ることのできないライブ中継が実現したのです。

注目のこのヒートは、セスがビーチ中で歓声が沸くような強烈なバックドアを抜け、トップ抜けを確定。
そしてヒート序盤から、巨大なパイプでスパットアウトをし、この日ハイエストとなった9.67ptを持ったブルースが2位アップ。

という訳で、ケリーはまさかの1コケ。
6'7"で挑んだというケリーではりましたが、パイプ側で危険なワイプアウトまでお見舞いされての敗退でした。



そのヒートが終わると、今度は勝ったブルースとセスがスタジオへきてフリートーク。
アイアンズとケリーには、"vs"体制が続いているのか、ブルースがケリーを挑発するようなシーンまで!

とはいえ勝った者のいいVIBESで、すぐにおめでたい話へと移行。
セスは日本で大人気のお姉ちゃん、ケリア・モニーツ(HAW)の結婚式の話から彼女の新婚旅行先まで話してくれたのでした。

ヒートを終えて式に出て、次の早朝にはまた試合・・・と、とても忙しかった様子のモニーツ家。
ちなみにケリア嬢のハネムーン先は、日本なんだって!パフパフのパウダーで、スノーボードをする予定だそうです。



そういえば今冬は、密かにミック・ファニング(AUS)もスノーで日本を訪れていたという情報。

以前、WSLのロージー・ホッジちゃんも「ポッツから聞いたのだけど、日本の雪は素晴らしいって。
行ったことないけれど、ぜひ日本へ行きたいわ」と話してくれたことがありました。

日本のパウダーは、ワールドクラス♪
今後北半球の冬の時期は、ハワイと日本を行ったり来たりなんていう人がもっと増えるかもしれませんね。

実はロージーちゃんも、昨年末にとっても素敵なパートナーと婚約♡
新婚旅行は、どうぞ日本の雪山へ!・・・・失礼、話が大分それました<(_ _)>


さて。
完璧なパイプと言われたこの日、ソリッドな仕事をしたのはメイソン・ホー(HAW)やマクア・ロスメン(HAW)、コア・ロスメン(HAW)といったヘヴィーなローカルの面々。
特にマクアは、DAY2では深くて長いバックドアを見事メイクし、パーフェクト10もスコアしています。



稲葉レオ君が演技をしているときは、メイソンがその様子を語り。
メイソンが演技をしているときは、妹のココ・ホー(HAW)がコメンテイターと一緒にその様子をお伝えしたりと、重ねて興味深くありがたい設定をしてくれている『Volcom Pipe Pro』


もちろんそんなパイプには沢山の危険が潜み、顔や頭をビーチの救急で縫うハメになった選手も。
特にコナー・コフィン(HAW)は膝をガッツリボトムにぶつけ、その傷は縫うことさえ難しいかもという、厳しいアクシデントに見舞われてしまいました。

どうか3月のCT開幕戦には間に合いますように。


現地5日はサイズダウンとなったうえ、風の影響が入ってしまい、試合は進行していません。

5日はアメリカでいうところの「スーパーボウル・サンデイ」
アメフトを愛する人が多いこの国の人は、キックオフをビールやBBQを用意してみんなで観るのが主流のスタイル。

今年はアトランタとニューイングランドのチームで決勝の為、ハワイやカリフォルニアでは若干盛り上がりに欠けるのかな?
それでもいつもの日曜日よりは海が空くのが常。
アメフトに興味がないサーファーには、ありがたかったりするのです。



今年のハーフタイムショーは、あの組織でハリウッド系のシンボルともいえるレディー・ガガ。
対する!?トランプ政権へ向け、何かアクションを起こすのか??

うーん、見所はパイプでもスーパーボウルでも尽きないのだ☆

RESULTS
Round of 64, 1st and 2nd advance, 3rd = 33rd place, 4th = 49th place

H1: Nathan Florence(HAW), Kiron Jabou(HAW)r, Dean Bowen (AUS), Taichi Wakita (JPN)
H2: Griffin Colapinto (USA), Jeronimo Vargas (BRA), Kai Mana Henry(HAW), Manuel Selman (CHL)
H3: Soli Bailey (AUS), Leandro Usuna (ARG), Joshua Moniz(HAW), Wyatt McHale(HAW)
H4: Brian Toth (PRI), Billy Kemper(HAW), Luis Diaz (CNY), Kaimana Jaquias(HAW)
H5: Tom Whitaker (AUS), Koa Rothman(HAW), Olamana Eleogram(HAW), Jack Robinson (AUS)
H6: Koa Smith(HAW), Hank Gaskell(HAW), Joshua Burke (BRB), Bino Lopes (BRA)
H7: O’Neill Massin (PYF), Mitch Coleborn (AUS), Kaito Ohashi (JPN), Nomme Mignot (FRA)
H8: John John Florence(HAW), Balaram Stack (USA), Kaito Kino(HAW), Ezra Sitt(HAW)
H9: Seth Moniz(HAW), Bruce Irons(HAW), Kelly Slater (USA), Imaikalani deVault(HAW)
H10: Mason Ho(HAW), Yago Dora(HAW), Maxine Huscenot (FRA), Cody Young(HAW)
H11: Aritz Aranburu (ESP), David do Carmo (BRA), Reo Inaba (JPN), Taumata Puhetini (PYF)
H12: Makuakai Rothman(HAW), Miguel Tudela (PER), Jesse Mendes (BRA), Carlos Munoz (CRI)
H13: Marco Giorgi (URY), Wiggolly Dantas (BRA), Shayden Pacarro(HAW), Kekoa Cazimero(HAW)
H14: Lucas Silveira (BRA), Makai McNamara(HAW), Gatien Delahaye (GLP), Torrey Meister(HAW)





| サーフニュース | 04:39 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.457344秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo