基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 波通スタッフ



冬の大波が到来中のハワイ。現地時間3日、WSLツアー・QS10,000『Vans World Cup of Surfing』が最終日を迎えました。

クオリファイを目指す選手にとっては、これがとうとう2015年度、最後のチャンス。
またトリプルクラウンの第2戦ということもあり、CT戦パイプの為に早めに調整に入っている選手の姿も多く見受けられ。
QS戦のフィナーレを飾るにふさわしい、素晴らしいサンセットがその舞台となったのです。

「オフショアになったし、パーフェクトなサンセットだよ」と語ったのは、ミック・ファニング(AUS)


ファイナルデーを迎えるまでは、恐ろしいほどのサイズはあっても、風が合わない荒らくれ波だったりと、選手を翻弄。

しかし最後の最後に、サンセットが本気を示しましたよ!
ハワイアンサイズで裕に8ftは十分にあるセットが入り。
クラシカルなウェストピークからの巻きっぷりは、私たちがこのコンテストで見た最大級のバレルと評されるものまであったのです。

生涯忘れられないような波をメイクする者から、大量水の手痛い洗礼を受けてしまった者まで、見ているだけでも非常にエキサイティングな一日に。
正直、見ているだけにとどめておくべきサーファーがほとんどで、パーフェクト!とこの波を楽しめるのは、地球上の選ばれた者のみというのが現実。



そして途中のラウンドから、ずっとヒートをリードしていた先述のミックが、サンセットに負けないほどの強いライン取りで見事優勝!
CT最終戦パイプでのタイトル獲得へ向け、拍車をかけました。

2位にはジュリアン・ウィルソン(AUS)、3位にジョン・ジョン・フローレンス(Haw)、4位マット・ウィルキンソン(AUS)という決勝は、まさにドリームマッチ。
結果は全員がCT現役でのファイナルとなったものの、セミまでコナー・コフィン(USA)、ジャック・ロビンソン(AUS)、スチュワート・ケネディー(AUS)といったフレッシュな顔がずらり。
そのなかにガブリエル・メディーナ(BRA)まで揃っていたのですから、まさに見所満載。



そのおかげでコナーは来期のクオリファイが確定し、ステュはパイプのCT選手の結果次第でクオリファイするうかどうかまで順位をあげました。
突然現れた気がする、ジャック君は若干17歳。彼は2015年度トリプルクラウンでの最年少ルーキー・オブtheイヤーの受賞が決定です。

またセミまで残ることはなくても、ワイルドカード出場のデイン・レイノルズ(USA)の過激な攻め姿勢から、イェイデン・ニコル(AUS)の巨大スパットアウト、それに・・・etc・・・etc・・・
あらゆる場面にトピックだらけ!という、稀にみるほどの貴重なサンセットの一日になっていったのです。

というわけで、ファイナルまで勝ち上がった4名が、どれほど際立っていたことか!
そしてミックはそのメンバーにおいて、ダントツの数字で勝利となったことをお伝えしておきましょう。

圧倒的な固い斜面において、まるでホームのビーチブレイクで好きなように動きまわっているかのような柔軟かつブレ知らずなパワフルさ。
バレルから強烈なハックまでをも制し、自身、初めての(‼)サンセット優勝です。

「インクレディボーな日。波もずっとインクレディボーだった!(注:インクレディボー=信じられないほど素晴らしい)
他にはたった3人だけ、パーフェクトなサンセットでだよ。なんてラッキーなんだ。
すごく疲れたけど、月の向こう側まですっ飛んでった気分さ♪



これまでに2回決勝へ行ったことがあって、すごく近いところまで行ったのに、クッキーをもらったことはなかった。
サンセットでのこの勝利を、とても誇りに思ってる。
これは非常にタフなイベントで、誰もがクレイジーになっちゃうんだ。すっごくSTOKEDだぜ!!」

優勝をクッキーに例えるなんてw
愛犬にクッキーをあげたときの喜び方が、尋常じゃないってことなんでしょうね!

ホノルアはカリッサ・ムーア(Haw)が勝ち、サンセットはミック。
ちなみにこの二人、今年のロウワーズを制覇したコンビなのだ。

最高のステージで幕を閉じたQSツアー。WSLも今年残すはパイプマスターズのみ。
誰がタイトルを手にするのか?
8日からスタンバイに入り、波予想はいい感じに赤くなってる!

こちらの経過も、追ってご報告させていただきます⭐Tomomin

Finals

1. Mick Fanning (AUS) 15.20pts - $40,000 and 10,000 points

2. Julian Wilson (AUS) 12.57pts - $20,000 and 8,000 points

3. John John Florence (HAW) 12.00pts - $12,000 and 6,700

4. Matt Wilkinson (AUS) 10.20pts - $10,000 and 6,300




Semifinals (1st and 2nd advance to final)

Heat 1: John John Florence (HAW) 9.90pts, Mick Fanning (AUS) 9.47pts, Conner Coffin (USA) 9.10pts, Jack Robinson (AUS) 3.34pts

Heat 2: Matt Wilkinson (AUS) 15.17pts, Julian Wilson (AUS) 10.90pts, Gabriel Medina (BRA) 6.30pts, Stuart Kennedy (AUS) 4.53pts



Quarterfinals (1st and 2nd advance to semifinals)

Heat 1: John John Florence (HAW) 18.63pts, Jack Robinson (AUS) 11.40pts, Jack Freestone (AUS) 11.40pts, Nat Young (USA) 3.70pts

Heat 2: Mick Fanning (AUS) 14.50pts, Conner Coffin (USA) 14.50pts, Dane Reynolds (USA) 13.40pts, Ricardo Christie (NZL) 11.94pts

Heat 3: Stuart Kennedy (AUS) 13.57pts, Matt Wilkinson (AUS) 11.37pts, Dusty Payne (HAW) 10.93pts, Joel Parkinson (AUS) 10.47pts

Heat 4: Gabriel Medina (BRA) 16.56pts, Julian Wilson (AUS) 15.00pts, Caio Ibelli (BRA) 14.84, Yadin Nicol (AUS) 9.60pts



Round of 32 (1st and 2nd advance to next round)

Heat 1: John John Florence (HAW) 17.17pts, Conner Coffin (USA) 11.90pts, Frederico Morais (PRT) 8.43pts, Italo Ferreira (BRA) 6.73pts

Heat 2: Jack Robinson (AUS) 15.17pts, Ricardo Christie (NZL) 14.27pts, Jordy Smith (ZAF) 12.36pts, Kolohe Andino (USA) 10.16pts

Heat 3: Mick Fanning (AUS) 17.53pts, Jack Freestone (AUS) 14.83pts, Jesse Mendes (BRA) 11.30pts, Marc Lacomare (FRA) 11.03pts

Heat 4: Dane Reynolds (USA) 14.16pts, Nat Young (USA) 13.00pts, Adrian Buchan (AUS) 11.97pts, Torrey Meister (HAW) 11.67pts

Heat 5: Dusty Payne (HAW) 13.70pts, Yadin Nicol (AUS) 13.00pts, Ian Walsh (HAW) 11.33pts, C.J. Hobgood (USA) 6.60pts

Heat 6: Stuart Kennedy (AUS) 11.47pts, Caio Ibelli (BRA) 11.33pts, Soli Bailey (AUS) 8.97pts, Josh Kerr (AUS) 6.16pts

Heat 7: Gabriel Medina (BRA) 14.20pts, Matt Wilkinson (AUS) 12.73pts, Vasco Ribeiro (PRT) 12.67pts, Makuakai Rothman (HAW) 8.63pts

Heat 8:Julian Wilson (AUS) 16.33pts, Joel Parkinson (AUS) 11.93pts, Deivid Silva (BRA) 11.24pts, Michel Bourez (PYF) 10.20pts



WSL Qualifying Series Ratings after Vans World Cup, Sunset Beach:

1 - Ibelli,Caio – BRA – 30,000 points

2 - Andino,Kolohe – USA – 28,500

2 - Freestone,Jack – AUS – 28,500

4 - Pupo,Miguel – BRA – 26,100

5 - Toledo,Filipe – BRA – 25,500

6 - Muniz,Alejo – BRA – 23,450

7 - Igarashi,Kanoa – USA – 23,350

8 - Ribeiro,Alex – BRA – 22,550

9 - Coffin,Conner – USA – 21,450

10 - Cathels,Davey – AUS – 21,300

10 - Callinan,Ryan – AUS – 21,300

12 - Kennedy,Stu – AUS – 20,450

13 - Flores,Jeremy – FRA – 19,900

13 - Payne, Dusty – HAW – 19,900






| サーフニュース | 02:49 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.254897秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo