基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 波通スタッフ


※大原洋人・五十嵐カノアのR3での様子は、文章の最後の方に記しました。画像ライダーは大原洋人

連日、熱戦が繰り広げられているハンティントンビーチ。

カリフォルニア時間30日もWSL・ウィメンズCT第6戦『Women's US OPEN of Surfing』が予定通り進行してゆき、いよいよセミファイナルのメンバー4名が決定です。

届いている南寄りのウネリは遠ざかる傾向となり、会場となっているHBサウスサイド・ピアでは2-3ftというコンディション。

ラウンド・オブ4から行われ、クォーターファイナル全てのヒートが終了。
この日の大きなトピックといえば、やはりレイティング・トップの入れ替わりがあったことでしょう。

それが起こったのは、QFでの出来事。
ビアンカ・バインダグ(ZAF)が、今シーズンずっとトップをキープしてきたカリッサ・ムーア(HAW)を相手に、逆転劇を披露。

ビアンカは全くよい波をつかめないでいたのですが、ヒート終盤に優先権を持った状態で乗ったセットにおいて、爽快なフロントターンをキメることに成功し。彼女自身、HBで初のセミが確定したのでした。



「辛抱強く、冷静でいるようにしていたわ。
ここまでこれるなんて思ってなかったので、ちょっとショックっていうか・・とっても嬉しい♪
ヒートの間中、待つのはイラっとしたけれど、アレが残り2分できたときは、ただサーフしたくって死にそうだった!」


では、誰がトップの座についたのか。

それは、HBをホームとするコートニー・コンログー(USA)
今期既に2勝を挙げ、全てのイベントでQF以上まで勝ち残っているのです。

対戦相手であったマリア・マニュエル(HAW)がいい動きをしていたのは明らかながら、コートニーは更にフリーフォール気味の着地までメイクして、QFでは誰よりも高い数字を揃えます。



先日、黄色はカリッサのお気に入りの色という話をしましたが、きっとコートニーもそう。
彼女のウェットには黄色が多く見受けられ、次からはジャージィも黄色!

自身にとって、ツアーでトップという位置づけは初めてとのこと。

また子供の頃から通ったHBではありますが、USオープンでは準優勝が最高位でまだ優勝は未経験。
次のセミでは、サリー・フィッツギボンズ(AUS)との勝負が決定しました。


そう、サリーは鼓膜を破ったことによる、平衡感覚をも狂わせる防備に負けず。
フィージーでの優勝から、2戦連続でいい感じにゲームをこなしています。



頭にバンドを巻いていても、ヘルメットを被る羽目になっても、常に笑顔の耐えないサリー。
その姿をみているだけで、あぁ頑張らなきゃって思ってしまうのでした。


そしてもう一人、ビアンカとのセミでの勝負が確定したのは、ジョアンヌ・ディフェイ(FRA)

このトロめ波でもしっかりと板を縦に上げ、フィージーから立て続けにセミへ。
初戦の13位という結果を捨てたら、結構いい順位まで上がってきそうですね!

ビアンカとは、とっても仲良しのジョアンヌ。二人で楽しそうに抱き合った画像を、インスタグラムでアップしています。


一方のメンズQS10,000。
こちらは日付が変わり。アメリカ時間31日、たった今終わったR3での結果を速報でお届けします。

大原洋人(JPN)、やりました!!
バックハンドでの太いターンからエアーまで、見事な演技を示し、トップの座を獲得です。



波が止まったかのような始まりとなり、リスタートとなった洋人ボーイのヒート。

最初のうちは離れて左奥で一人ポジションを取り、ある程度のスコアをまとめ。

その後は他の選手と同じ位置で勝負。一回だけカルロス・ムーニョス(CRI)にトップを許すも、ヒートを通してHiroto Ohhara(JPN)がリードする形で勝ちました。


また同じラウンドで先に勝負していた五十嵐カノア(USA)
こちらも優雅にエアーを駆使し、1位抜けに成功。

洋人君、カノア君揃って、トップ16が確定です!やっほー!!

CTウィメンズの続きはSFから。メンズQSの続報とともに、経過は追ってご報告させていただきます☆Tomomin

Women’s Quarterfinal Results:

QF 1: Johanne Defay (FRA) 13.80 def. Lakey Peterson (USA) 10.14

QF 2: Bianca Buitendag (ZAF) 11.10 def. Carissa Moore (HAW) 10.60

QF 3: Courtney Conlogue (USA) 16.43 def. Malia Manuel (HAW) 15.20

QF 4: Sally Fitzgibbons (AUS) 14.26 def. Nikki Van Dijk (AUS) 10.03



Women’s Round 4 Results:

Heat 1: Johanne Defay (FRA) 14.00 def. Alessa Quizon (HAW) 10.60

Heat 2: Bianca Buitendag (ZAF) 11.10 def. Coco Ho (HAW) 10.63

Heat 3: Courtney Conlogue (USA) 12.83 def. Tatiana Weston-Webb (HAW) 10.33

Heat 4: Nikki Van Dijk (AUS) 14.97 def. Silvana Lima (BRA) 12.10



Women’s Semifinal Match-Ups:

SF 1: Johanne Defay (FRA) vs. Bianca Buitendag (ZAF)

SF 2: Courtney Conlogue (USA) vs. Sally Fitzgibbons (AUS)
| サーフニュース | 02:47 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.050458秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo