基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

BEHIND THE CAMERA by Director Mamoru Kimura
 
この映画を撮ろうと決心したのは、2011年3月11日のあの大地震の日だった。
多くのメディアはこの自然災害に対して、津波が人間の敵のような論調で多くの命が失われた無惨な現実を伝えていたが、私は違和感を覚えていた。
自然は、海は、地震は、人間の命を奪うのか。人間は自然を、自分たち自身を、どのような存在としてとらえればいいのか。その一つの大きな『キー』となるのが、死生観なのではないか•••そう感じた。
 
OCEAN, LIFE, DEATH•••私たち人間にとっての根源的なテーマを携えて、旅に出ようと決心した。その旅のデスティネーションは海に人生を捧げた人間だ。海の喜び、そして恐怖。その両方を知っている人間。人間がコントロールできない大自然の中で生きぬいて来た精神は、「自然」を「生」をそして「死」をどのように受け止めているのか・・・。

2013年3月、旅は始まった。

旅はオーストラリアから始まった。旅に同行したのは大先輩であり師匠である石井秀明氏とディック・ホール氏。
「出来事は起こるがままに任せる」そう心に決めてオーストラリアまで来たものの2週間たっても何も起こらず、私はかなり焦っていたのだが、その時やれることを精一杯やるのだと自分に言い聞かせて、朝な夕なに海や空を撮影し続けていた。


ある日、早起きして朝日を撮っていた私にディックさんが、声をかけてきた。「これからゴールドコーストへ行くけど、一緒に来るか?」数時間後、私たちはゴールドコーストの静かな住宅街にいた。そして、あるこじんまりとした家から現れたのは、上品な老婦人だった。

何が起こっているのか分からないまま、私はカメラをまわし続けていた。そして最後に白黒チェック柄の小さなショッピングバッグを老婦人がディックさんに渡した。その老婦人は、オーストラリアを代表する伝説的サーファーであり2012年に亡くなったマイケル•ピーターソンの母親だった。そして、その小さなショッピングバッグに入っていたのはマイケル•ピーターソンの遺骨であり、私たちはその遺骨を2000キロ以上離れたベルズビーチまで届けなければならないということだった。
 ベルズビーチはサーファーにとっての聖地だ。その神聖な場所で世界中のトップ・プロサーファーが集まる大会が予定されていて、その期間中に散骨のセレモニーが行われるというのだ。マイケルピーターソンの母上もその儀式に参加するのだが、オーストラリアでは遺骨を飛行機で運ぶことができないので、ディックさんが運ぶことになったのだ。片道2000キロ。助手席でその遺骨を抱えながら、私は本当の旅が始まったことを悟った。

 

オーストラリアは広い。実際に車で走り出してそう実感した。走れるところまで走ってモーテルに泊まったり、ディックさんの友人の家に泊まったりしながら、旅は続いていった。そして様々な人々と出会った。
 幸運にも最初に出会う事ができたのは「MORNIG OF THE EARTH」という伝説的な映画を制作したアルバート・ファルゾン。彼の家を訪れたのは、大粒の雹と雷雨に襲われた後の美しい夕暮れ時だった。透明な光を浴びて野生のカンガルーと仲良く交流するアルビーはおとぎ話にでてくる翁のようだった。
 インタビューの中で『死』について語る彼に恐怖の色は見えなかった。彼の青く澄んだ眼差しは「魂の永遠性」を確信しているように落ち着いていたし、穏やかだった。気がつくと日没も近づき、そろそろ帰ろうという時になって、ディックさんがやおら車の中から例の小さなバッグを持ち出して、中のプラスチックケースから遺骨を取り出し、アルビーに見せた。
 神妙な面持ちで、両手で包み込むように遺骨を受け取り、私たちのもとを離れたアルビーはしばらく物思いにふけり、おもむろにその遺骨を大地に撒いた。インタビューの時の強い雰囲気は消え去り、少し寂しそうな彼の後ろ姿が印象的だった。
 
悲しみも喜びもどんな事が人生で起ころうと日々は続いていく。旅の行程ではその感覚がより強烈になる。私たちは旅の往路の約半分くらいまできていた。

 私たちが次に出会ったのは、テリー・フィッツジェラルド。オーストラリアを代表する名サーファーだ。私たちはシドニーの北の美しいビーチで彼と出会った。時間通りに現れた彼は非常に陽気だったが、インタビューが始まり、「死」についての話になると様子が変わり、シリアスな雰囲気になっていった。
 そして、抜けるような青空の下、最愛の息子との死別のことについて語った。ファインダーの中で彼の瞳はとても美しくて優しかった。愛する対象を失うことには、喪失感と悲しみがともなう。その喪失感や悲しみを伴わずに、愛することはできないのかもしれない。

 


その後も淡々と旅は続いた。そして、ついに私たちはベルズビーチに到着し、無事セレモニーの主催者にMPの遺骨を届けることができた。
セレモニーは世界中から集まったサーフィンの選手たちや観客が見守る中、厳粛に行われた。そして、実際に海に出て散骨したのはMPの兄だった。
 
ディックさんが沖の散骨の模様を撮影し、私はMPの母上のそばで撮影していた。散骨の瞬間、沖を見つめながら、サングラスの奥で涙が流れているのがファインダー越しに認識できた。自分よりも先に旅立った息子を憶う母の気持ち、その気持ちの深さは私の想像を超え、ただ、ありのままのその姿が純粋に感動をもたらし、その場を神聖な空気で満たしていた。散骨を済ませ、浜にあがってきたMPの兄と母は手をしっかりとつなぎ合い会場を後にした。その姿はとても美しいものだった。
 
その後も幾人かのレジェンドと出会いながら旅は続いた。数えきれないほどの美しい夕日。美しい人間。星空。朝日。そして様々な表情の海。結局私たちはオーストラリアの大地を5000キロ以上走った。

 
2013年5月。

私たちの旅はカリフォルニアへと続いた。カリフォルニアの旅で非常に興味深い出会いだったのはジョン・ペックとの出会いだ。近代サーフィンの始まりから現在まで生き抜いてきた彼はサーファーであると同時にヨーガの達人であり、その雰囲気は超人のようだった。
 
別れ際、彼は私の頭を引き寄せると「第三の目」と言われる額の中心を私の額に強く押しあて「アローハ」と大きな声を出した。すると瞬時に、私の頭は熱を帯びて全身の毛穴が開き、腹の底から力がみなぎるような感覚が沸き上がってきたのだ。

2013年11月オアフ島。リッキー・グリッグ氏との邂逅は私の人生に強烈な印象を残した。重篤な病気を煩い、自分自身が死を間近に控えていることを承知の上で、『死』について心情を吐露した彼の本意はいったいどこにあったのか・・・。大波乗りの創世記を生きた伝説の勇敢な男はやせ細ってはいたが、エネルギーに満ちていた。人間の肉体は朽ち果てても、その肉体に生気を与えていたエネルギーは滅びないのではないか。ハワイでの取材後に訪れたオレゴンで、サーフィンの神様ジェリー・ロペスがその事を指摘していた。「エネルギーは永遠の喜び。」2時間を超える取材の間、ファインダーの向こうで語るリッキーは自分自身の「死」と直面しながら、それを客観的な言葉で伝えようとしていた。その行為は勇敢で愛に満ちあふれていた。

 2014年6月。カルフォルニアで最後の編集作業に没頭する日々を過ごし、まさにリッキー・グリッグのパートを編集している時、彼の訃報を聞いた。モニターに映し出され、語り、波に乗り、イルカと深くまで潜り、笑顔を見せるリッキー・グリッグはもうこの世にいない・・・。死を間近にした人間が発する透明でポジティブなエネルギーが、観る人一人一人に、少しでも「力」を届けることができると信じて、編集の海に再び漕ぎ出す・・・
 突然の訃報を受けて感情的になっていた私に、朝から晩まで毎日一緒に編集していたJPさんが語りかけた「俺たち、今のところ生きているよ・・・」

 ドキュメンタリーを撮ることは、一つの旅を生きることだった。成功、失意、怒り、喜び、悲しみ、共感、感動。生きる事で味わう様々な感覚を鮮明に感じた旅だった。そして長かった旅も終わりを迎えようとしている。始まりがあり、終わりがあり、そしてまた始まりがあり・・・
ひとまず、「今」にさようなら。Pau for Now





【CAST ~23人のレジェンドサファー~】
リッキー・グリッグ/Ricky Grigg
ハワイの大波を初期にサーフした伝説のビッグ•ウェーバーの一人。海洋学者であり、熟練のダイバーであり、海を知り尽くした正真正銘のウォーターマンである。ガンを患い闘病中であったが、自身最後のインタビューとしてカメラの前に立ち、海について、サーフィンの精神性について、そして生と死について静かに語った。2014年5月急逝。


ディック・ブリューワー/Dick Brewer
初期のビッグウェーバーの一人であり、シェイパーのパイオニアである。60年代後半、ロングボードからショートボードへの移行を実現したのは彼の想像力と技術があったからこそである。彼の革命的なボードデザインにより、サーフィンは新たなる次元を迎えた。当時のスターサーファーに多大な影響を与え、サーフィンを精神的な行為にまで高めたのも彼の功績によるところが大きい。


ポール・ストラウチ/Paul Strauch
「近代サーフィンの父」と言われるデューク・カハナモクの側近であった。ハワイの大波に早くから挑戦し、その美しいスタイルで後進のサーファーに大きな影響を与えた。またデューク・カハナモクから受け継いだアロハの精神を世界中のサーファーに広めた功績は大きい。
スティーブ・ペズマン/Steve Pezman
サーフィン・ジャーナリストのパイオニアであり、世界で最もハイクォリティ−なサーフマガジンである“The Surfer’s Journal”の発行人である。単なる娯楽やスポーツとしてのサーフィンを超えた世界観を美しい写真と硬質な文章で表現し、今もなお世界中のサーファーを啓発し続けてる。


ジェリー・ロペス/Gerry Lopez
サーフィン界でジェリー・ロペスの存在はあまりにも有名。映画「ビッグ・ウェンズデー」にも実名で登場し、神格化されたサーファーとして描かれている。オアフ島の聖地パイプラインの大波を誰よりも優雅に乗るその姿からキング•オブ•パイプラインと呼ばれた。ヨーガとサーフィンを通して精神世界を追求し、類い稀な才能で世界中のサーファーに大きな影響を与える。


ケリー・スレーター/Kelly Slater
サーフィン界の大スターである。11度の世界チャンピオンに輝きながら現在も世界中のプロ・サーキットを回る脅威のアスリートである。2013年シーズンは世界ランキング2位に甘んじたが、42才にしてそのパフォーマンスは健在である。


トム・カレン/Tom Curren
80年代から90年代にかけて一世を風靡した正真正銘のカリスマ・サーファーである。そのスタイリッシュなライディング・スタイルとクールなルックスで世界中のサーファーのあこがれの的だった。3度の世界チャンピオンに輝くも全盛期にコンペティションの舞台から身を引き、フリー・サーフィンと音楽活動を中心とした独自のスタイルを確立。


ジョエル・チューダー/Joel Tudor
2度のロングボード世界チャンピオンの座に輝いた経験を持つ。その活躍はコンテスト•シーンだけにとどまらず、クラッシックで優雅なライディング・スタイルで世界中にロングボードブームを巻き起こした若きカリスマ・サーファーであり、90年代後半以降のサーフィンカルチャーに多大な影響を及ぼした。


脇田貴之/Takayuki Wakita  
日本が誇るサムライ•サーファー。聖地パイプラインの大波に挑戦し続けて20年あまり、彼がテイクオフするポジションは’Wakita Peak’と呼ばれている。
エディー•アイカウ•メモリアルにも招待され続けている。世界が認める正真正銘のビッグ•ウェーバー。


ディック•ホールDick Hoole
アルバート・ファルゾンAlbert Falzon
マイケル•ピーターソンMichael Piterson
ランディー・ラリックRandy Rarick
ジェシー・ビラウアーJesse Billauer
ラスティー•ミラーRusty Miller
ウェイン•リンチWayne Lynchダニエル•トムソンDaniel Thomson
ジョン•クラークJohn Clark
石井秀明Hideaki Ishii
スキップ・フライSkip Frye
マーク・カニングハムMark Cunningham
ジョン・ペックJohn Peck
テリー•フィッツジェラルドTerry Fitzgerald (順不同)




DIRECTOR  木村 衞(きむら まもる) 

1962年 埼玉県秩父市生まれ
1984年から10年間テレビコマーシャルフィルムを中心に映像制作に関わる
1994年 八丈島に移住 2年間観葉植物農園で働く
1996年 サーフィン映画監督であり執筆家である石井秀明氏と出会い師事ドキュメンタリーを学ぶ
1997年 サーフィンドキュメンタリービデオ「15 Years After NIAS」 編集として参加
1998年 サーフィンドキュメンタリービデオ「15 Years After JAVA」 撮影、編集として参加
1999年 サーフィンドキュメンタリービデオ「15 Years After BALI」 撮影、編集として参加
2000年~2008年 サーフィンドキュメンタリービデオ 「GENUIN」  撮影、編集、監督
     レナウン、ダーバン等のファッションブランドのイメージ、 PR映像多数 撮影、監督
     DENJIRO SATO撮影、ジェリー・ロペス主演のショートフィルム「Mana」編集として参加
2009年 ドキュメンタリー番組「25年後のアジアン?パラダイス」 WOWOW 撮影、編集、監督
2010年~2012年 ドキュメンタリー番組「東北大震災から1年~そこに海があるかぎり~」WOWOW
撮影、編集、監督
2013年 ドキュメンタリー映画「Aloha Death」 撮影開始~



【音楽監督】
J.P.(Jean-Pierre) Plunier
 
1959年、ベイルート(レバノン共和国)生まれ。音楽会社Everloving Records and Management社長、音楽プロディーサー。幼少期様々な国(スリランカ、タイ、インド、ベトナム)で過ごす。
1968−1977年日本に留学、それ以降はカリフォルニアに定住。有名歌手Ben Harper (ロック歌手)Jack Johnson(サーフ・ロック/アコースティック歌手)をWan Santo Condo、John Lee Hookerなど多数のアーティストのプロデュース、作曲、アートデレクターを務める。1994年~現在に至るまで手掛けるアルバム数は、50以上。
※1 Ben Harper 2003年にフランス版のローリングストーン誌においてアーティスト・オブ・ザ・イヤー賞を受賞した。 ※2 Jack Johnson 2005年に発表した3rdアルバム『イン・ビトウィーン・ドリームス』はアメリカのみならずイギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドといった英語圏全体でも大ヒットし(全英・全豪ともに1位)、世界的な評価を獲得する。2006年以降リリースされた連続5作すべてにおいて全米1位及び英豪チャートでも首位を獲得した。



【オープニングテーマ曲】
DJ KRUSH

1962年東京生まれ。90年代初頭より生楽器やバンドとのライヴ・セッションを行い、世界で初めてターンテーブルを楽器として操るアーティストとして賞賛を浴びる。海外では「ターンテーブルの魔術師」と称されるそのスキルはライブだけに留まらず、リリ—スされる楽曲は当時「トリップ・ホップ」と呼ばれ、インストゥルメンタル・ヒップホップというジャンルをも確立させた。これまでに計8枚のリーダー・アルバムの他、シングルやミックス・アルバム等を多数リリース。国内外の様々なチャートにランクインし、6thアルバム『漸』ではアメリカのAFIMアワードにおいて<ベスト・エレクトロニカ・アルバム2002>の最優秀賞受賞。更に8thアルバム『寂』では、CMJ (全米カレッジ・ラジオ)のRPMチャートで3週連続1位を獲得。プロデューサー、リミキサー、DJとして国際的な活動を展開するほか、映画、ドラマ、CMの音楽制作、ジャンルを越えたアーティストとのライヴ・セッションなど、幅広く活躍中。



【挿入曲】
西藤ヒロノブ

宮崎県生まれ。大学卒業後、バークリー音楽大学へ。2002年、アメリカ、ヴィクトリア・トラベル社のCM曲に参加。同年バークリー音楽大学ギター科全生徒を代表して、ピーター・バーンスタインとデュオ共演。2003年、Guitar Achievement Awardを受賞する。2004年、デビューCD「The Remaining 2%」が、スペインのレーベル、フレッシュサウンドレコードより、日本人初のアーティストとしてワールドワイドリリース。2004年より毎年「Hironobu Saito Group」として、ブルーノートNYに出演。2006年に2nd Album「The Sea」、シングル「Formentera Sea」、2008年に3rd Album「The Rain」をリリース。。2008年、自身のオリジナルギターモデル「The Sea」が完成。ギターシンセを搭載したオリジナルブルーのギターがアイバニーズ社より制作された。2009年9月、世界3大ジャズフェスティバルの1つであるモントレージャズフェスティバルに自身のカルテットで出演。アコースティックギターをYAMAHA, ウクレレをKoalohaと契約する。2011年、第23回ミュージックペンクラブ音楽賞ベスト・ニュー・アーティストを受賞。現在ニューヨークを拠点に演奏や作曲活動を精力的に世界中ボーダレスに展開している。



【エンディング曲】
神崎ひさあき

高知県出身。青山学院大学卒業後、日本のジャズ・フュージョンブームの火付け役となる『神崎オン・ザ・ロード』を結成。1980 年『OPEN MY ROAD 』でデビュー。その後3枚のアルバムを残し1986 年渡米。セッション活動後、1988 年ラス・フリーマン、リッピングトンズ等を迎えアルバム『KANZAKI』をリリース。帰国後は、数々のTV CM 音楽の制作、プロデュース等の活動を積極的に行う。近年では神崎作曲の『SO FAR AWAY 』をマイケル・ホワイトがアルバムタイトル曲としてリリース。全米ジャズチャート9位にランクインされコンポーザーとしても評価される。盟友マイケル・パウロとのプロジェクト『Asian Soul Brothers 』で活躍等、国際的な活動を展開。またサンディエゴで毎年、グラミー受賞アーティスト等、ワールド・クラスのアーティストが出演し開催されるジャズフェスティバル「Temecula Wine and Music Festival」にも2007年より連続出演しており、KANZAKIの呼称で親しまれ米西海岸でも多くのファンを獲得している。





| PR | 11:03 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.516619秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo