基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【一に気圧配置、二に太陽放射で風は決まる】


天気図がある程度読めるようになると、必ず「あれ?天気図で予想したのと風向が違う」という穴に落ちる。

風は高気圧から低気圧に向かって吹くが地球の自転の影響があってまっすぐ吹かない。
高気圧を右に、低気圧を左に見て風は吹く。

西高東低の気圧配置だと…北風だ!
これを頭の中でシミュレーションできればあっという間に天気図から風は読めるようになる。

更にここに太陽放射が加わると状況が複雑になる。

太陽の熱で暖められた地面の上には上昇流(熱的低気圧)が生まれそこに風が吹き込む。
そう気圧配置と関係ない風がここに生まれる事になる。

ここで優先されるのは強い方。天気図の等圧線の込み具合に注目して欲しい。

天気図上の四角い仕切りは1110m四方の緯度経度線。
この四角の中に何本等圧線があるかで大体の風を吹かせる力が判る。
四角の中の本数×3(m/s)の風が吹くという計算。

太陽放射で吹く風はざっくり5m/s程度と考えれば後はベクトルの足し引き算。
例)日本が夏の時のバリのオフショア(東風)は気圧配置で吹く風だがカヌーなどで沖に出た時このオフショアが強すぎるときは、案外ビーチの方が風が弱くて調子のいいオフショアが。

これって太陽放射のオンショア(陸へ吹く西風)が気圧配置の東風と足し算引き算した結果なのだ。


波浪コラム担当
小林 豊気象予報士プロフィール


TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!


過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-
| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.423223秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo