基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【毎日波があって天気が何も変わらないのはうれしいが異常気象だ】


赤道付近は太陽放射が強く、南極北極は弱い。
この差が温度差となってその境目で吹く風が偏西風。

天気はこの偏西風が押し流すので、天気が西から東に変わるのは偏西風が西から東に吹いているから。
ただし偏西風はさまざまな流れ方がある。

まっすぐ流れるような時を東西流型といい、天気は変わりやすいため波もサイズアップする前に低気圧は行ってしまう。
つぎに南北に蛇行して流れる偏西風を南北流型といい、南北の温度差が高い時に空気をかき混ぜるためにこの形になりやすい。

猛烈に低気圧が発達するような気圧の谷はこの蛇行の南側に垂れ下がった部分の事。
南北流型は波が高まる低気圧が育ちやすい。

さらに温度差が大きくなり南北の蛇行がもっと大きくなり南に垂れ下がった部分と北に盛り上がった部分の流れが袋小路的に切り離されるとブロッキング型となる。

ブロッキング型の偏西風の流れは天気の変化が遅い。
台風等ウネリのもととなる低気圧が同じ場所にとどまり上手くすればウネリだけが入り続ける夢の日々は実は異常気象の原因となるブロッキング型なのだ。



波浪コラム担当
小林 豊気象予報士プロフィール


TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!
| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.822187秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo