基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 波通スタッフ

Hawaiiと言えば言わずと知れた観光地、そしてサーフィン発祥の地でありサーファーにとっては聖地と呼ばれていて、毎年世界中のトップサーファーが冬の季節ノースショアへビッグウェーブを求めやって来る。



そんな旅行者で賑わいをみせるハワイとは裏腹に、実はワイキキから車でウェストサイドへ1時間も走ると‘ワイアナエコース’と呼ばれる地域があるのをご存知だろうか?私も幾度と無くハワイへ行っているのに、全くこのエリアの事を今まで知りませんでした。
それを知るきっかけとなったのは、TV東京で夜中に放映されている『アロハガール』と言う番組。この番組はハワイに暮らすサーファーガールやウォーターマンのライフスタイルを通じて、色んな目線からのHawaiiを知って貰おう!と言う番組だと思う。ハワイ好きな人にはちょっと夜中でも情報満載の価値ある番組。
でもこの日ばかりは番組内容が心にグッと来たので紹介したい。

この‘ワイアナエコース’は失業者・母子家庭・生活困窮者が多く暮らす地域で、満足な生活を送れない恵まれない子供達が沢山居る。
そのワイアナエで様々な活動を通じて地域社会に貢献する一人の女性“クム・プア・カメ・アロハ”は、ハワイアンの女性像そのままのふくよかな優しい笑顔を齎し、フラ師匠・小学校教員・地域ボランティア・歴史ガイドなどの職歴を活かして子供達にメンタルケアやヘルスケアを行うと同時に、フラや教育を通じて正当なハワイ文化を教えている。

生活の基本の衣食住を満たされない子供が多い中、プアは学校の購買部で毎日子供達と接しながらメンタル・ヘルスケアを行う。
米$は一切使用されない購買部だが、皆の先頭に立ちきちんと整列が出来た子、先生の言いつけを守り騒がない子、掃除を進んでやった子、この様な模範的な行動・善行をした子供はクーポンを手に入れる事が出来て買い物が出来る。
そしてプアさんは毎日子供達が何を買うのか注意深く観察し、食べ物を買う子は相当な貧困に見舞われている、洋服を手にする子は少し貧困から脱出して来たなど、それぞれの動向によって子供達一人ひとりの家庭環境の把握をして、ケアをするのだと言う。

フラダンス教室を通じて引きこもりの子が心を開いたり、生活は苦しくとも笑顔一杯でダンスを踊る子供達・・・。
そんな愛くるしい屈託の無い子供の顔がTVから流れたまらなかった。こんな現実が未だにあったんだと初めて知った素晴らしい番組でもありました。

私達もサーフトリップや観光へ行く身近なHawaiiだけど、プアさんの様に何かしてあげる事が出来ればいいですよね。
これからも日本とも通じるプアさんの様な温かいハワイアンの心を大切に見守って行きたいと思います。
MAHALO☆
| サーフニュース | 03:18 PM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.345049秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo