基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 波通スタッフ

『A trip willful freely by a ship』 vol.20

母船に戻ってシャワーを浴びると、体のあちこちが痛み始めた。
乗ったのはたった1本だったのに、サンセットが綺麗になり始めたのを見ていると、何時間か入っていたようだ。

続きを読む▽

投稿者: 波通スタッフ

『A trip willful freely by a ship』 vol.19


とにかく、これだ!という波をジックリと待つ。他のサーファーのテイクオフを見ていると、更に弱気になりそうだったが、もう決心はついている。(久しぶりなダケで、初めて乗るサイズではないんだから!)

ちょっと小さめではあったが、自分に向かってウネリが盛り上げる。

続きを読む▽

投稿者: 波通スタッフ

『A trip willful freely by a ship』 vol.18


最初のポイントから、感覚で1時間ちょっとは走ったかなぁという、ライトのポイントに到着。他にもボートが停泊していたので、そのクルーが上がるまで待つ。波の裏側から見ているので、どんなブレイクなのかは、イマイチわからないケド、確実に最初のところよりもサイズがあるというので、持ち板の中で長い6‘6“”にフィンを立てる。

続きを読む▽

投稿者: 波通スタッフ

『A trip willful freely by a ship』 vol.17


お昼はインドネシア風のカレーみたいなものだった。次はどのポイントを目指すか、話し合をして、移動をしながらのランチタイム。

良い波でサーフィンだけして、食べ物は自動的に出てくる。眠い時は好きなダケ寝て、ポイントへの移動は、家ごとするようなものだから、何の準備もいらない。

続きを読む▽

投稿者: 波通スタッフ

『A trip willful freely by a ship』 vol.16


船上で最初の朝。起きて直ぐにキャプテンがコーヒーを淹れてくれ、カップを持ったまま目の前の極上のブレイクを見つめる。次々と皆も起きだして、朝からギャグを飛ばして笑わしてくれる。しばらくすると朝食が振舞われる。しかし待ちきれない者は、ジャッフルを口にくわえたままワックスアップをして、ディンギーに乗り込み、海へ飛び込んだ。

続きを読む▽

投稿者: 波通スタッフ

『A trip willful freely by a ship』 vol.15

とうとう出発の日。デンパサール空港には僕達が先に着いた。本当に来るかなぁという不安を感じ始めた頃、彼らも到着。初めて会う人も居たので、まずは自己紹介。その後の搭乗手続きとかは、全てついていけばいいダケだったから、スムーズに簡単に飛行機に乗れた。

続きを読む▽






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.019542秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo