基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者



日ごろから、日本サーフィン連盟の活動にご理解、ご協力いただき誠に有難うございます。

新型コロナウイルスの影響をうけて皆様におかれましても、新たな生活様式を取り入れた対応に追われている大変な時期かと拝察いたします。

今夏は全国で多くの海水浴場が開設無しとなるなど、多くの海岸で管理者不在の状態になる恐れがあります。

そこで、この度、同じ海を愛するものとして、日本サーフィン連盟と日本ライフセービング協会とで協議を行い、「海岸で安全に楽しむために」「みんなで海を守ろう」という同じ見解のもと、共同メッセージを作成いたしました。

私たちは海を愛するサーファーとして、海を熟知しているものとして、新しい海岸のルールを守り、指導的立場で海の事故を少しでも無くすことを念頭に今年度は活動する所存です。

サーファーとライフセーバーが共に海を見守り、海を愛する私たちが率先して事故防止に努めていく。これが私たち共通の願いです。

同じく夏の安全な海岸利用に関し、当連盟とウォーターリスクマネジメント協会による「もしもの際の対処法」、当連盟の「新たなサーフィンのルール」につきましても、併せてご案内申し上げます。



続きを読む▽

投稿者: 管理者




本日、JPSAより今年度の大会開催についてホームページにて告知がありました。


2020年度に行われる予定であったツアーについては、ショートボード、ロングボード共に全てのイベントがキャンセルとなる事が決定しました。

延期となっていたバリでの開幕戦もキャンセルとなり、今年のJPSAツアーは全て中止という事になりました。



しかし、プロ活動をされているサーファーや、JPSAツアーへの参戦を目指すトップアマチュアのサーファーについては来シーズンのシード権に影響せず、参加希望選手による賞金大会を開催する意向である事を決めています。

詳細な開催時期、場所などについては今後の社会情勢を見ながら決定するとの事。



続きを読む▽
| サーフニュース | 06:56 PM |

投稿者: 管理者


片瀬西浜・鵠沼海岸 遊泳エリア図


コロナ禍により神奈川県内の海水浴場の開設中止が発表され、それに伴い規制のない海での無秩序化が懸念されています。

とくに湘南藤沢の江ノ島周辺~辻堂海岸においては併設される大型駐車場の影響もあり、多くの人が海に訪れることが予想されているため、水難事故やゴミ散乱などリスクを軽減するために藤沢市、海水浴場組合、神奈川ライフセービング協会、藤沢市サーフィン協会らによる「藤沢市夏期対策協議会」が開催され、2020年(令和2年)の海岸利用の総合的なルールを今年に限り特例措置として決定しました。


この「夏期海岸藤沢モデル2020(藤沢市夏期海岸ルール)」の適用は通常の海水浴エリア規制となる7月1日(水)~8月31日(月)までとなり、遊泳エリアとマリンスポーツエリアの棲み分けが行われます。

なお、遊泳エリアには神奈川県ライフセービング協会から派遣されるライフセーバーが見守ってくださるとのことで、例年どおり安全に海岸利用出来る体制を整えています。


一方、今夏の海水浴エリアの縮小によりマリンスポーツ従事者にとってはアクティビティーを行う範囲が例年より広がっておりマリンスポーツゾーンにおいては時間規制もありません。
※遊泳ゾーンについてはライフセーバーの有無に関わらず、終日禁止となりますのでご注意ください。

そのため、相当な混雑が予想される事と、ケガや事故のリスクが高まると言っても良いでしょう。



続きを読む▽

投稿者: 管理者



今回のコロナ騒動の中、このイベントまでもキャンセルを余儀なくされてしまった。

ハンティントンビーチピアで行われる世界最大のアクションスポーツイベント「Vans US Opening of Surfing」は、6月15日にイベントオーガナイザーにより


”ファン、アスリート、スタッフ、地域社会の健康と安全を最優先にして慎重に検討”した結果、今夏のイベントを中止する事を決定すると報告。


続きを読む▽
| サーフニュース | 09:53 AM |

投稿者: 管理者



いよいよ夏本番が近づいてきた。

今年は新型コロナウイルスの影響でいつもと違う夏になりそうだ。

サーフィンにも新たなルールができつつあり海にも人が戻ってきつつある。そんななかで6月10日に発売されるサーフィンライフ7月号の内容は…「最高の波で、最高のサーフィンをするために、今僕たちができること」と題しテクニック総特集からスケートボード、筋トレ、ストレッチ、用語集までCHAPTER 1~4に分け永久保存版!の内容でお届けする。



続きを読む▽

投稿者: 管理者



2020年 9月5日(土) 、6日(日)に横浜赤レンガ地区野外特設会場にて開催される、サーフカルチャーをルーツに持つ日本最大級のカルチャーフェスティバル「GREENROOM FESTIVAL’20 」の日割り情報が発表!


5日(土)には、ディスコ・パンクサウンドで観るものすべてを躍らせる最狂のライブバンド !!! チック・チック・チック 、現代ジャズ・シーンの最先端を走るヴォーカリストJos é James が出演。
さらに、洗練された次世代シティポップで人気を博すバンド Nulbarich 、サウスロンドンの気鋭アーティスト Oscar Jeromeが初来日するなど、必見のパフォーマンスが目白押し!
また、日本のサーフミュージックシーンを牽引する平井 大の出演も発表となりました。

6日(日)は日本語で鳴らすロックでシーンを牽引し続ける ASIAN KUNG FU GENERATION 、オルタナティヴな姿勢で圧倒的な影響力を誇るモンスターバンドDragon Ashを筆頭に、稀代の R&B シンガーとしてスターダムを駆け上がる SIRUP 、ストリートを代表する総勢 16 名のヒップホップ・クルー KANDYTOWN 等、日本を代表する新旧アーティスト陣が勢揃いします。

そして、メンバー全員が神奈川育ちの Suchmos の参加も正式に決定!GREENROOMにいい波を運んでくれることでしょう。
両日ともに目が離せないラインナップとなったGREENROOM FESTIVAL’20。

今後も発表される情報をお楽しみに!



続きを読む▽
| サーフニュース | 11:38 AM |

投稿者: 管理者

Sonny LabelとMAGIC NUMBERが今季もスペシャルコレクションをリリース!!



アメリカ・西海岸の空気感を体現するアーバンリサーチのプライベートブランド Sonny Label とプロサーファー中村竜がディレクションをする MAGIC NUMBER が今季もスペシャルコレクションを 6/4( 木 ) よりリリース。

今作は中村竜自身が新たな波や体験を求めて世界中を旅する中で、自身が撮りおろした写真をプロダクトに反映させた貴重なコレクション。

自然や街が織りなす一瞬、一瞬の表情をマジックナンバーらしいデザインと重ね合わせることで、フォトTeeの可能性を大きく広げた仕上がりとなっている。


流行に流される事なく、自身のインスピレーションと重なる1枚を選んでほしいという思いを込めたラインナップ。


続きを読む▽

投稿者: 管理者



『サーフィン上達の唯一の方法は波の上で正しく身体を動かせるかどうか』
「見る、聞く、知る」から卒業。誰でも簡単に身体で覚える"サーフリズム"




どこからでも受講可能な究極のオンラインレッスンスタート!!

一連の動きを経験として身体に覚えてもらうことを可能にします!


続きを読む▽
| サーフニュース | 04:37 PM |

投稿者: 管理者

いつも波通をご利用いただき誠にありがとうございます。

本日(5月22日)に和歌山サーフィン連盟を含む地域や行政機関で構成される磯の浦新型コロナウイルス対策会議が行われ、以下の決定が行われました。

-------------------------------

政府による緊急事態宣言解除を受け、2020年5月23日(土)より磯ノ浦全駐車場の閉鎖が解除され、駐車場の使用が解放されるとの事です。


しかし、コロナウイルスの感染防止対策については、和歌山県サーフィン連盟のコロナウイルスの感染防止対策ガイドラインを遵守し、感染防止に気をつけて磯の浦海岸でのサーフィンをお楽しみください。
※あくまで磯ノ浦海岸での解放となりますので、他のポイントについては地元サーフコミュニティーの指導に従い、他府県からの来訪はご遠慮くださいますようお願い申し上げます。


--------------------------------------
【磯ノ浦海岸
新型コロナウイルス感染防止予防ガイドライン】

続きを読む▽

投稿者: 管理者

和歌山県内サーフポイントへの立入制限について
5月31日(日)まで継続中!

昨日5月14日(木)、政府・緊急事態宣言の解除が、和歌山県を含む39県に発令されました。
また、本日、和歌山県においても、県内の一部の施設等で休業要請が解除されました。

しかし、政府及び本県ともに『府県をまたいでの移動は、一旦、今月5月31日まで行わないこと』とされており、加えて和歌山県においてもサーフポントや海水浴場については、『特に強く県外からの来訪者受入自粛を要請する場所』とされたままです。

和歌山県サーフィン連盟は、今回の新型コロナウイルスの感染に関する問題だけではなく、過去の連盟設立時から、「サーフポントがある、地域にお住いの皆様の理解があってこそのサーフィンである」ことを常に考え、地域住民の皆様にサーフィンを認めていただく活動から出発してきた経緯があります。



続きを読む▽
| サーフニュース | 02:23 PM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.526071秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo