基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【「未来の選択権は(まだ)あなたの手の中にある」byIPCCとのことだが…】


IPCC(国連気候変動に関する政府間パネル)による発表では21世紀末最大で海面上昇+110㎝(このまま温室効果ガスを排出し続けた場合)、日本の砂浜は90%消失する。

原因は、この2100年で平均気温が1900年代との比で+5.5℃上昇する予想がある事(ちなみに恐竜絶滅後も気温上昇したという人もいるが、それは100万年で+7℃とレベルが全然違う)。

気候変化で世界規模の共有事項は「その上昇を+1.5℃で死守」しようというもの。

2019年ですでに1900年から+1.1℃してしまったので、あと「0.4℃しかない」が世の中が焦る理由。


続きを読む▽
| 波浪コラム | 05:00 AM |

投稿者: 管理者

【最高気温予想が18℃の東京が大外れの7.6℃だったあの日…波は最高だった】


寒気に覆われる冬の間は日本付近で低気圧が発達する事はないが、年が明けて間もない一週間で日本付近で低気圧が発達とは暖冬の極みだ。


2020年1月8日は日本海に低気圧が進み発達する予報。

ひと月遅ければ春一番が吹く典型的なパターン(立春から春分の間しか春一番と言わないが)。

いずれにせよ、南西風ビンビンのサイズアップで翌日は寒冷前線も通過してオフショア面ツルのTheDay…と誰もが思ったが、関東は違った。


続きを読む▽
| 波浪コラム | 05:00 AM |

投稿者: 管理者



今年もこのシーズンがやってきました。

2月18日(火)~20日(木)までの3日間、横浜のパシフィコ横浜では”INTERSTYLE 2020”が開催されます。

初のオリンピック競技となるサーフィンやスケートボードをメインに、スノーゾーンやアウトドア、カテゴリーにとらわれないミックスゾーンにて構成されるブースが出展されます。



続きを読む▽
| サーフニュース | 12:52 PM |

投稿者: 管理者



「Nazaré Tow Surfing Challenge presented by Jogos Santa Casa」

ポルトガル・ナザレでは、2019年11月1日~2020年3月31日までの期間、ビッグウェーブコンテストの開催に相応しいビッグスウェルを待った。

長いウェイティング期間が続いたが、WSLは2月7日にイエローアラートを発令。

翌8日にはグリーンアラートを発令しいよいよスタンバイ状態に入り、現地2月11日(火)にメンズのイベントが開催となる見通しである事をWEBサイトで公開。


今イベントには史上初となる女性サーファーもクレジットされている。


続きを読む▽
| サーフニュース | 12:53 PM |

投稿者: 管理者



暦の上では春…でも、もう少しだけ厳しい寒さが続きそう。

あと1、2ヶ月もすれば力強い日差しが戻ってくるこの時期に発売されるサーフィンライフ の内容は…


続きを読む▽

投稿者: 管理者

【スピードの遅い台風は状況が長引く為災害に結びつきやすいが更にその先は新しいサーフスポットの誕生か】


地球を取り巻く風で、押さえておきたいのは東風の「貿易風」と西風の「偏西風」。

ハワイ付近は貿易風が吹くので、メインポイントは西向きのビーチが多くオフショアになり易い。

一方、日本付近は偏西風帯なので東向きのビーチがメインポイントとなるケースが多い。


このまま手を施さないと、今世紀末には地球の気温が産業革命時より約4℃上昇すると推定されている。

この想定のもとで台風の平均移動速度を予測すると、赤道付近(緯度0から20度)は変化ないが、東京付近(緯度30から40度)で時速35㎞が31㎞に10%スピードダウンするそうだ。


続きを読む▽
| 波浪コラム | 05:00 AM |

投稿者: 管理者



日本代表最後の1枠をかけて!!


ジャパンオープンオブサーフィン実行委員会(事務局:東京都新宿区、一般社団法人 日本サーフィン連盟)は、サーフィンの日本一を決定する祭典「第2回ジャパンオープンオブサーフィン」を、2020年4月19日(日)から22日(水)までの4日間にわたり、千葉県一宮町一宮海岸にて開催することを決定した。


続きを読む▽
| サーフニュース | 05:02 PM |

投稿者: 管理者

スラスター3モデル、EVIL 2+1モデルが登場!!




RTM HEX / MAYHEM THRUSTER SERIES

マット・バイオロス a.k.a メイヘム考案のMB スラスターシリーズが真のパフォーマンスを実現する為にアップデートされてリリースしました。

前回のバージョンと比べ、ベースの幅が大きくなりターンを通じてよりドライブ性を提供しつつ、RIDE NUMBER4~7のニュートラルカテゴリーを維持している為、さらに扱いやすいオールラウンダーとなっています。


続きを読む▽

投稿者: 管理者


WSL / TONY HEFF

日本人選手の活躍が続く!

現地29日にスタートした、ハワイオアフ島で行われているQS5000「VOLCOM PIPE PRO」は、30日に大会2日目を迎えラウンド3のヒート13までが終了。

日本人選手の勝ち上がりを見てみると、ラウンド3のヒート1に登場した、金澤呂偉は地元ハワイのマカイ・マクナラマに続く2位でラウンドアップ。

また、ヒート9には大橋海人が見事トップ通過を果たしラウンド4へ駒を進め、セス・モニーツらと対戦する。


ヒート13には西慶次郎と鈴木仁が登場し、西慶次郎がトップ通過。

鈴木仁は残念ながら3位となりここで敗退となった。


続きを読む▽
| サーフニュース | 12:49 PM |

投稿者: 管理者

【冬の大西が減ったとローカルは言う】


北半球が冬の間、寒気の大もとは北極にある。

太陽放射が当たらない時間は、北極の気温が下り続け重たい寒気が蓄積される。


寒気の蓄積が相対的に限界に達すると今度は波状に寒気が南下するように放出される。

蓄積と放出を繰り返すので「北極振動」と呼ばれる。

その周期を計算するのは至難の業で、冬の予報の外れる一要因となっている。


続きを読む▽
| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.065273秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo